プロジェクトマネジメント計画書の基本的な構成についてお話しできます

アドバイザー

氏名:開示前


■ 具体的な経験の内容
いくつもの大規模プロジェクト(数十億単位)のPMとして、プロジェクト計画書の策定を行い、
プロジェクトを成功に導きました。

<プロジェクト計画書のアジェンダ例>
・目的を明確化する。
・目標(QCD)を明確化する。
・与件(自分たちではコントロールできないもの)を見極める。
・前提条件(自分たちが計画を策定する上で置いた前提)を設定する。
・スコープを明確化する。
・プロジェクトの論点を洗い出し、方向性をプロジェクト内及びステークホルダーと合意する。
・マスタスケジュールを策定する。
・必要なタスクを洗い出す。
・キーマンを洗い出し、体制を構築する(PL/TL、主要メンバー)。
・体制の役割を明確化、言語化する。
・プロジェクトリスクを洗い出し、対応方針を言語化する。
・プロジェクトステークホルダーとコミュニケーション方針を明確化する。
・会議設計/意思決定プロセス設計を行う。
・プロジェクトルールを策定する。(成果物管理方針・レビュー方針・変更管理方針・コミュニケーションツール等)
・キックオフ(プロジェクトメンバにタスクを渡して動かす)を行う。

■ 実績や成果
・いくつも大規模プロジェクトを担当してきましたが、大きな失敗は無く成功に導いています。
・組織長として表彰を受けたり、PMとして全社表彰を受けました。

■ そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか
・手段が成功して何がやりたいのかわからない時に原点(目的)に立ち戻って議論を推進したり、
計画を策定するにあたっての、与件や前提条件・論点の方向性等が擦り合わない事も立ち上げ初期は
多いです。それを、上記のような計画書アジェンダをベースに一つ一つ明確化することで、確度の高い
計画を策定することができています。

■ お役にたてそうと思うご相談分野
プロジェクト計画を策定したことがない、成功事例が少ない、PMPのようなプロジェクトマネジメントのフレームワークを見ても具体的に何をすればいいのかわからないような方に、実際動かして成功事例となっているプロジェクト計画書のメソッドについて共有し、成功確率をあげることが可能と考えております。

■その他
地域: 東京本社
役割: プロジェクトマネジャー
規模: プロジェクトメンバー最大80名

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

・直近10年は、事業会社のIT部門でIT開発業務・プロジェクトマネジメントを担当しています。
・また、最大20名の社員を抱える管理職として5年以上の経験を有しています。
・開発規模は最大数十億を経験しており、セキュリティ改革からIT企画(中長期戦略・IT管理会計方針の整理)の経験もあります。
・直近ではDX関連(契約書電子化・請求書/支払い申請)の案件も担当しております。
・メンバーの採用・育成や組織活性化施策を高く評価されており、社内でも何度か表彰を受けた事もありますので、開発以外の分野でもご支援可能かと思います。


職歴

職歴:開示前


このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック