ビザスク利用規約

第1章 総則

第1条(本規約の目的及び適用)

  1. ビザスク利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社ビザスク(以下「当社」といいます。)が運営するインターネットサイト及びモバイルアプリケーション「visasQ(ビザスク)」(以下「本サイト」といいます。)、本サイトの閲覧や本サイトに付随するメール配信等を利用した、当社が会員又は利用者に対し提供する一切のサービス(以下「本サービス」といい、原則、「本サイト」に含まれるものとします。)の利用者に適用されます。本サイトの利用者は、本規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することに同意して本サイトを利用するものとし、本サイトを利用した場合には、当該利用者は本規約を遵守することに同意したものとみなします。
  2. 当社が本サイト上で随時掲載する本サービスの利用等に関するルール、諸注意、利用ガイド、お知らせ等は本規約の一部を構成するものとします。

第2条(利用規約の変更)

  1. 当社は、当社の裁量で本規約を随時変更できるものとします。規約を変更した場合には、当社は本サイトに掲載するものとします。また、変更した本規約は、変更後の本規約が本サイトに掲載された時点より生ずるものとします。
  2. 本サイトに、変更後の本規約を掲載した後に本サービスを利用した利用者は、当該変更に同意したものとします。

第3条(用語の定義)

  1. 「本サイト」とは、当社が運営するインターネットサイト及びモバイルアプリケーション「visasQ(ビザスク)」をいい、その他の関連サイト、メールマガジン等、本サイトから発信する情報を含むものとします。
  2. 「本サービス」とは、本サイトの閲覧や本サイトに付随するメール配信等を利用した、当社が会員又は利用者に対し提供するサービスの総称をいい、原則、「本サイト」に含まれるものとします。
  3. 「会員」とは、本規約に同意し、本サービスを利用するために所定の会員登録手続きを行い、弊社がその会員登録を承認した個人及び法人をいいます。
  4. 「利用者」とは、 会員または非会員を問わず、本サービスの提供を受ける個人又は法人で、本サイトの閲覧者も含みます。
  5. 「依頼者」とは、本サービスを通じて、ビジネスに関する情報、知見、アドバイス等を求める会員をいいます。
  6. 「アドバイザー」とは、本サービスを通じて、ビジネスに関する情報、知見、アドバイス等を提供する会員をいいます。
  7. 「クライアント」とは、当社が別途定めるVQ利用約款に同意し、本サービスを利用するために所定の利用申込みを行い、弊社がその利用を承認した法人をいいます。
  8. 「スポットコンサル」とは、ビジネス経験に基づく意見、アドバイス等を求める依頼者及びクライアントに対して、アドバイザーが、対面、電話会議、テレビ会議、書面、メッセージ、アンケートへの回答等、その手段を問わず、自らの知見を提供する取引をいいます。
  9. 「webマッチング形式」とは、依頼者とアドバイザーが本サイト上で直接スポットコンサル取引を行う形式を指し、当社は取引の当事者とはなりません。
  10. 「フルサポート形式」または「VQ案件」とは、当社がクライアントよりマッチングのフルサポートを受託した案件について、当社が依頼者となり、本サービスを通じて、アドバイザーに対し、クライアントに対するスポットコンサルを提供することを依頼する取引形式を指し、アドバイザーとなる会員は、当該依頼に従い、当社及びクライアントに対して、スポットコンサルを提供するものとします。

第2章 会員登録に関する規約

第4条(会員登録)

  1. 会員登録は、会員となる本人(法人の場合には対外的な契約権限を有する者とします。)のみが申請できるものとします。
  2. 会員は実名で登録するものとします。
  3. 会員登録手続きを行なう者は、登録情報の入力にあたり、入力した情報は全て真実であることを保証するものとします。
  4. 会員登録手続を行なう者は、過去、現在又は将来にわたって、暴力団等の反社会的勢力に所属せず、これらのものと関係を有しないことを表明保証し、誓約するものとします。
  5. 会員登録手続きを行うものは、窃盗、詐欺等の犯罪について有罪判決を受けたことがなく、守秘義務違反や信認義務違反について訴えられたことがなく、金融商品取引法違反の捜査対象となったことがないことを保証するものとします。
  6. 当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、事由を通知することなく会員登録を拒否できるものとします。
    1. 過去本規約に違反した、もしくは本サービスの会員資格取消等の処分を受けたことがある場合
    2. 本規約に違反するおそれがある場合
    3. 登録情報に虚偽の情報があることが判明した場合
    4. 反社会勢力等と何らかの関係・関与を行っていると当社が判断した場合
    5. 未成年者である場合
    6. その他、当社が適当でないと判断した場合
  7. 会員が退会を希望する場合には、所定の手続きを行うこととします。但し、当該会員が以下に定める状況にある間は退会できないものとします。
    1. 自らが依頼者またはアドバイザーとなって成立した取引の業務が完了していない場合
    2. 自らが依頼者またはアドバイザーとなって成立した取引の決済手続きが完了していない場合

第5条(登録情報の変更)

  1. 会員は、登録情報に変更があった場合、遅滞なく、当社に通知し、最新の情報に登録内容を変更するものとします。

第3章 本サービスの利用に関する規約

第6条(本サービスの利用)

  1. 本サービスは、必ず会員本人が利用するものとします。

第7条(本サービスの内容)

  1. 当社は本サービスによる情報提供を通じて、スポットコンサル取引を行なうためのツール及びプラットフォームを会員および利用者に提供します。
  2. 本サービスは、「フルサポート形式」あるいは「VQ案件」であることを当社が明示した場合を除き、依頼者である会員とアドバイザーである会員が互いを当事者として、本サイト上でスポットコンサル取引を行なうことを目的とした「webマッチング形式」で行われ、当社は取引の当事者とはなりません。但し、取引に基づく依頼者からアドバイザーに対する謝礼の支払事務は、第12条に定めるところにより、当社が依頼者から委託を受けて代行します。
  3. 本サービスは、依頼者とアドバイザーの双方が自らの責任・判断で必要な情報を確認し、同意し、依頼者が決済を行なった時点で、依頼者とアドバイザーの間でスポットコンサル契約が成立するものとします。
  4. 会員はマッチングに必要な情報を本サイトに投稿できるものとします。当社は、会員の投稿内容が以下のいずれかに該当すると判断した場合、会員に何ら通知することなく投稿を削除し、また当該会員に対して利用停止を含む必要な措置を採る事ができるものとします。
    1. 法令その他公序良俗に反する場合
    2. 本規約に違反し、又は違反する恐れがある場合
    3. 当サービスの運営方針に合致しないと当社が判断する場合
    4. その他当社が不適切と判断した場合
  5. 会員が当社の提供する有料オプションを利用する場合、有料オプションの利用者は、当社に対し当該有料オプション利用料として定められた金額を支払う義務を負うものとします。なお、当社が当該有料オプションの支払いを確認でき次第、あるいは別途当社が定める手段で有料オプションの発注を確認でき次第、会員は当該有料オプションを利用できるものとします。

第4章 webマッチング形式の取引に関する規約

第8条(取引の成立)

  1. 依頼者は、アドバイザーとの間で合意された謝礼金額を、スポットコンサル実施前に当社宛に所定の方法で決済するものとし、その決済をもって取引は成立したものとみなされます。

第9条(決済方法)

  1. 当社はアドバイザーへの謝礼支払事務を依頼者の預託を受けて代行します。依頼者は、当社が別途指定する場合を除き、Stripe社の提供するクレジットカード決済サービスまたはPayPal社の決済サービスを利用して当社に対しアドバイザーへの謝礼を支払うものとします。

第10条(キャンセルの取扱い)

  1. アドバイザーは、取引の成立後、スポットコンサル実施前にキャンセルを希望する場合、本サイト上で依頼者にキャンセルを通知するものとします。
  2. 依頼者は、取引の成立後、スポットコンサル実施前にキャンセルを希望する場合、本サイト上でアドバイザーにキャンセルを通知するものとします。依頼者からのキャンセルは、天災等不可抗力による場合等当社が相当と判断する場合除いて、返金を認めないものとします。

第11条(スポットコンサル実施後の返金)

  1. 依頼者とアドバイザーの間で合意された実施日から1週間を返金申請受付期間とし、依頼者が当該期間内に当社宛に返金を申請し、相当な理由の有無をもって当社が返金可否の判断を行います。弊社が返金相当な事由があると判断した場合、アドバイザーは返金を承諾し、謝礼は依頼者に返金されるものとします。その場合、当社はアドバイザーに対し利用手数料を請求しないものとします。

第12条(アドバイザーの利用手数料)

  1. アドバイザーは、謝礼の受領業務を当社に委託するものとします。
  2. 当社は、当社がアドバイザーに代わり受領した謝礼から、本サービスの利用手数料(依頼者が支払う謝礼の30%とし、決済手数料、日本国内の金融機関への謝礼振込手数料、消費税を含みます。)を差し引くことにより、アドバイザーから利用手数料を受領するものとします。
  3. 当社は、当社がアドバイザーに代わり受領した謝礼から利用手数料を差し引いた金額を、当社が提示する支払手段からアドバイザーが選択した方法により支払うものとします。

第5章 フルサポート形式の取引に関する規約

第13条(取引の成立)

  1. VQ案件を受諾するアドバイザーは、当社がクライアントよりマッチングのフルサポートを受託した案件について、当社が依頼者となり、本サービスを通じて、アドバイザーに対し、クライアントに対するスポットコンサルを提供することを依頼する取引形式であることを理解し、当社及びクライアントの双方に対し、誠実に、スポットコンサルを提供するものとします。
  2. 当社が、VQ案件であることを明示した上で、アドバイザーに案件の詳細と謝礼金額を提示し、アドバイザーとクライアント双方が合意し確定したスポットコンサル実施予定日時をアドバイザーに告知することをもって、取引予約が成立したものとし、スポットコンサルの開始をもって取引が成立したものとします。なお、VQ案件については、本規約12条2項の適用はありません。
  3. 取引成立の前提として、VQ案件を受諾するアドバイザーは、次の各号に掲げる事項に同意するものとします。
    1. 少なくとも年一回、当社が本サイトに掲載するアドバイザートレーニング資料を熟読すること
    2. 合理的な範囲で入手可能なアドバイザーのプロフィールに関する公開情報がクライアントに共有される可能性が有ること
    3. クライアントが当社に同意する守秘義務と同等の守秘義務に同意したクライアント関係者が、アドバイザーの事前の同意無く、スポットコンサルに参加する可能性があること

第14条(取引予約のキャンセルの取扱い)

  1. フルサポート形式において、当社は取引予約をキャンセルする権利を有します。
  2. 当社が取引予約のキャンセルを希望する場合、本サイト上でアドバイザーにキャンセルを通知するものとします。その場合、以下に定めるキャンセル料を当社からアドバイザーにアドバイザーが指定する方法で支払うものとします。
    1. スポットコンサル実施予定日前々日およびそれ以前のキャンセル(日本時間):0円
    2. スポットコンサル実施予定日前日のキャンセル(日本時間):合意した謝礼の50%
    3. スポットコンサル実施予定日のキャンセル(日本時間):合意した謝礼の100%

第6章 謝礼の受け取りに関する規約

第15条(謝礼の受け取り)

  1. アドバイザーは、謝礼を受け取るために、当社が指定する方法によりスポットコンサル完了報告を行うものとし、当該スポットコンサルの謝礼は、完了報告の翌月末(当日が日本における金融機関営業日でない場合は翌営業日)に、当社が提示する支払手段からアドバイザーが完了報告時に選択した方法により支払われるものとします。なお、かかる支払について、利息は一切発生しないものとします。
  2. webマッチング形式で行われた取引においては、利用手数料を差し引いた金額が支払われるものとします。
  3. 当社からアドバイザーへの支払にかかる振込手数料は、日本国内の金融機関への振込に関して当社が負担するものとします。ただし、アドバイザーが登録した振込先銀行口座情報に不備があり再振込が必要になった場合、2回目以降の振込手数料についてはアドバイザーが負担するものとし、再振込1回につき振込手数料として250円を、第15条第1項に規定する本サービスの利用手数料に加えて、謝礼より差し引くものとします。また、アドバイザーが日本国外への送金を希望する場合には、初回の振込手数料もアドバイザーが負担するものとします。
  4. 天災等不可抗力による事情があったと当社が判断し、依頼者のペナルティ無しでのキャンセルを認める場合、アドバイザーはキャンセル料なしでのキャンセルを受け入れる義務があるものとします。その場合、アドバイザーの当社に対する利用手数料もキャンセルされるものとします。
  5. 当社は、以下の場合、アドバイザーが第15条第1項の規定による謝礼の支払を受領する権利を放棄したものとみなすことができます。
    1. 当社が通知したにもかかわらず、当社が定める方法で依頼者が決済時に指定したスポットコンサルコンサルティング実施日より一年以内に、アドバイザーが第15条第2項の規定によるスポットコンサルコンサルティング完了報告を行わない場合
    2. 当社が通知したにもかかわらず、当社が定める方法で依頼者が決済時に指定したスポットコンサルコンサルティング実施日より一年以内に、アドバイザーが第15条第1項の規定による支払手段の選択を行わない場合
    3. 当社が通知したにもかかわらず、当社が定める方法で依頼者が決済時に指定したスポットコンサルコンサルティング実施日より一年以内に、アドバイザーが銀行口座振込を選択しながら有効な振込先口座を指定しない場合

第16条(税金の取り扱い)

  1. 依頼者およびアドバイザーは、日本及びその他課税義務が適用される国の税法に則り、自己の責任において税務処理を行うものとします。
  2. webマッチング形式において、依頼者に源泉徴収義務が生ずる案件の場合、依頼者が謝礼金額としてシステム上提示する金額は、源泉徴収控除後の金額を提示するものとし、その旨をアドバイザー宛に通知するものとします。依頼者は自らが提示した金額全額を当社に支払い、源泉徴収税の納付、支払調書の交付等の義務を履行するものとします。
  3. フルサポート形式において、当社に源泉徴収義務が生ずる案件をアドバイザーに依頼する場合、当社は源泉徴収控除後の謝礼金額を提示するものとし、その旨をアドバイザー宛に通知するものとします。
  4. アドバイザーは、源泉徴収義務が生ずる案件を受諾する場合、依頼者または当社の求めに応じて、氏名、住所、マイナンバー等の必要情報を提供するものとします。
  5. 自らへの報酬受領に対し源泉徴収義務が生ずる職業に従事するアドバイザー(弁護士、公認会計士、司法書士など、特定の資格を持つ者を指すがこれに限らず)は、スポットコンサルのマッチング前にその旨をwebマッチング形式においては依頼者に、フルサポート形式においては当社に申告するものとします。

第17条(寄付の取扱い)

  1. アドバイザーは、謝礼について、利用手数料等の費用を除いた金額について、当社が指定する寄付先に寄付することを選択できるものとします。
  2. 寄付を選択した会員は、寄付に関する一切の業務について、当社に委託するものとします。
  3. 当社は、寄付先について事前に公表し、また寄付の実施状況について、適宜会員に情報を公開するよう最善を尽くすものとします。

第7章 サービスに共通する規約

第18条(個人情報の取得及びメッセージの利用)

  1. 本サービスでは、個人情報について、当社が別途定める個人情報保護方針の定めに従い、取り扱うものとします。
  2. なお、本サービスにおける利用者間のメッセージは、メッセージの当事者及び当社が閲覧できる掲示板方式を採用しており、適宜不適切なメッセージの送受信がなされていないかの確認が行われる場合があります。

第19条(会員の守秘義務およびコンプライアンス・ルール)

  1. アドバイザーは、本サービスで成立したスポットコンサルにおいて依頼者、クライアント、当社より入手した情報を秘密として保持し、相手方の書面による同意がない限り、これを第三者に開示又は漏洩しないものとします。本項に定める秘密保持義務は、アドバイザーが退会した後も、機密情報が公知となり一般利用が可能となるまでの間存続するものとします。
  2. アドバイザーはスポットコンサルにおいて、下記に代表されるいかなる機密情報も、依頼者またはクライアントに共有しないものとします。
    1. アドバイザーが第三者に対して守秘義務を負うあらゆる情報
    2. 過去もしくは現在の雇用主、コンサルティングを提供した会社、その他あらゆる第三者が所有する企業秘密
    3. アドバイザーが、現在特定の企業の従業員又は取締役である場合、当該企業に関する業績、戦略、業務手順、業務運営又は製品等に関する非公開情報
    4. 法令により開示が禁じられている情報
  3. アドバイザーは以下のスポットコンサルを受諾しないものとします。
    1. アドバイザーが、現在特定の企業の従業員又は取締役である場合、当該企業の直接競合他社である依頼者およびクライアントへのスポットコンサル。
    2. アドバイザーが監査人又は元監査人である場合、アドバイザー自身もしくは雇用主が現在監査を行っている会社、又は過去三年間に監査を行った組織に関するスポットコンサル。
    3. アドバイザーが弁護士、司法書士または行政書士である場合に、法令で第三者から事件や案件の紹介を禁止される場合に該当する業務。
    4. 有価証券等への投資アドバイス全般。
  4. 依頼者およびクライアントは、本サービスで成立したスポットコンサルにおいて、アドバイザーより入手した情報を秘密として保持し、アドバイザーの書面による同意がない限り、これを第三者に開示又は漏えいしないものとします。ただし、クライアントは、本条項と同等の守秘義務を締結した第三者に対してのみ共有できるものとします。
  5. 依頼者およびクライアントは、第2項に定める情報および第3項に定めるスポットコンサルをアドバイザーに要求しないものとし、万一要求されたアドバイザーはスポットコンサルを中止し、当社に報告するものとします。
  6. クライアントの中には、コンプライアンス・ルールの一貫として、電話コンサルティングに専門家を同席させる場合があり、同席の事実は通知される場合もあり、通知されない場合もありますが、アドバイザーは、コンプライアンス目的で、スポットコンサルの内容が監督されることに同意するものとします。

第20条(禁止事項)

  1. 本サービスの会員および利用者は、以下の行為を行ってはならないものとします。
    1. 会員もしくは第三者の権利を侵害する行為
      1. 個人、法人を含む第三者の権利(財産権、知的財産権、著作権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等)を侵害する行為
      2. 企業機密等を漏洩するなど、守秘義務に違反する行為(株価に影響を及ぼす可能性のある重大な非公開情報、臨床検査の治験情報等含むが、それに限られない)
      3. 所属企業、団体等の内部規則等に違反する行為
    2. 適切なサービス実施を妨げる行為
      1. 虚偽の情報を登録・投稿・表示する行為
      2. 複数アカウントの登録、または自己のアカウントを他人に利用させるなど、アカウントを不正に利用する行為
      3. 当社の承認を得る事無く、本サービスで成立したスポットコンサルに参加する権利を他人に譲渡する行為
      4. 本サービスを介して知り合ったにも関わらず利用手数料等を支払わずにスポットコンサルを実施する行為
      5. 本サービスでアドバイザーの経験・スキル等を知ったにも関わらず、サイト外で連絡を取り合い、当社を排除した契約を締結し、当社の提供する決済システム利用を回避するなどして当社への手数料支払を回避する行為
      6. 前項にも関わらず、webマッチング形式でのスポットコンサル完了後、当社が事前に書面または電子メールにより承諾した場合、原則として、紹介手数料として契約金額の15%を別途当社が指定する手段により、アドバイザーが当社に支払うことで、依頼者とアドバイザーは、雇用契約を除く、顧問契約、業務委託契約等、本規約以外の契約を直接締結することができるものとします。 また双方の同意があった場合に限り、依頼者が当該紹介手数料を支払えるものとします。フルサポート形式でのスポットコンサルの場合には、紹介手数料を含めた諸条件を別途弊社を介した契約にもとづき締結できるものとします。なお、いずれの形式であっても、当該禁止行為の有効期限は、原則、スポットコンサルの取引完了の最終の日から起算して1年間とみなされます。
      7. 質問された内容に対して、意図的に虚偽もしくは不誠実な内容を回答する行為
    3. 当社の業務に支障を与える行為
      1. ウイルスの送付、不正アクセス等により、当社システムおよび本サービス提供に障害等を引き起こす行為
      2. その他本サービス、当社の業務を妨害、または当社の信頼を毀損する行為
    4. 本来の目的とは異なる利用
      1. 政治的または宗教的思想を含む情報を提供、または勧誘する行為(当社が事前に許可した場合を除く)
      2. ネットワークビジネス、マルチ商法、ねずみ講に該当する行為又はそれらへの勧誘行為、商品販売もしくは、結婚紹介、出会い系サービスに該当する行為又はそれらなどへの勧誘行為
      3. インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律に基づく、当該事業の提供者に対する規制及び当該事業を利用した不正勧誘行為の禁止に違反する行為
      4. 当サイトを利用したアフィリエイト誘導、目的に合致しないリンクの貼付け行為
      5. 日本における刑法に定める汚職の罪に該当する行為、その他諸外国で定められている汚職腐敗や贈収賄防止法(例えば米国海外汚職腐敗行為防止法、英国贈収賄法など)に定められるような、企業における業務の獲得もしくは維持に便宜を図る目的で不当に金銭や物品の授受を行う行為、もしくは公的立場で行為をする政府関係者の判断や決定等に金銭や物品を提供して不適切な影響を与える行為
    5. 本サービスの一部又は全部の複製・改変・編集・消去・他のプログラム等との結合・リバースエンジニアリング・逆アセンブル・逆コンパイル等又はミラーサイト構築等の行為
    6. スクレイピング、クローリング(クローラ、ロボット及びスパイダー等のプログラム)及びその他の類似の手段によって本サービスにアクセスし、又は登録された名刺等の情報を含む本サービスに関する情報を取得する行為
    7. 法令、公序良俗に反する行為、そのおそれがある行為
    8. その他当社が不適切であると判断する行為
  2. 上記禁止行為に該当すると当社が判断した場合、当社は、事前に通知することなく利用停止、禁止行為に該当すると判断された登録情報および利用者間メッセージの一部削除、会員登録の抹消等次条に規定する処分を含む必要な対応を講じることができるものとします。また、当社に損害が発生した場合、会員は、損害賠償義務を負うものとします。

第21条(利用停止、会員登録の抹消及び剥奪)

  1. 当社は、会員が以下の各号いずれかの事由に該当すると判断した場合、当該会員に対して、何ら通知等することなく、本サービスの利用を一時的に停止すること、会員登録を抹消すること、もしくは会員資格を剥奪し以降の一切の利用を禁止することができるものとします。
    1. 本規約に違反した場合
    2. 以前登録を抹消された者、もしくは利用を拒否した者が登録していた場合
    3. 当社からの改善等の要請に対応しない場合
    4. 登録された連絡先に当社が連絡したにもかかわらず、相当な期間応答しない場合
    5. その他当社が当サービスの会員としてふさわしくないと判断した場合

第22条(サービスの中断、停止または終了)

  1. 当社は、以下の各号いずれかの事象が発生した場合、会員および利用者に事前に通知することなく、本サービスの中断もしくは停止、終了を行うことができるものとします。
    1. 本サービスに関するシステム保守
    2. 停電、火災及び天災等の不可抗力により本サービスが提供できなくなった場合
    3. その他当社が必要と判断した場合
  2. 当社は、会員および利用者に事前に通知することなく、本サービスの提供内容変更または終了を行うことができるものとします。

第23条(当社の不保証)

  1. 本サービスにて、会員が登録、投稿する情報は、会員の責任及び判断に基づくものであり、正確性、適法性、及び妥当性について、当社は何ら保証をするものではありません。本サービスの利用は、全て利用者自らの責任において行うものとします。
  2. 当社は、本サービスにおける個々の内容及び品質、アドバイザー能力、資格、情報を有することについて、利用者に対して何ら保証をするものではありません。
  3. 当社は、本サービスに付随して開催するセミナーやブログその他のメディアを通じて紹介するアドバイザーの経歴や保有資格等について合理的な範囲で確認するものといたしますが、利用者に対して何ら保証をするものではありません。
  4. 当社は、本サービスの運用に適切に取り組みますが、本サービスおよび本サイトにコンピューターウイルス等有害なものが含まれていないことを保証するものではありません。

第24条(免責事項)

  1. 当社は、以下の各号の事項に伴い発生した不利益、損害等について、理由の如何を問わず、一切の責任を負わないものとします。
    1. 本サービスを通じた会員の投稿、会員間のやりとりを含め、会員間、会員もしくは利用者と第三者の間でトラブルが発生した場合
    2. 本サービスを通じて入手した役務、情報が利用者の期待を満たさなかった場合
    3. 本サービスからリンクされた当社以外のサイト利用に伴うトラブルが発生した場合
    4. 本サービスの登録・投稿等のデータが消失した場合
    5. 本サイト、当社システムへの不正アクセス、コンピューターウイルスの混入等が発生した場合
    6. 当社から送付されるメール、本サイトにコンピューターウイルス等有害なものが含まれていた場合
    7. 本サービスが中断、停止、終了した場合
    8. 規約に基づく利用停止等の対応により、当該利用者が損害を被った場合
  2. 本規約のうち消費者契約法の消費者契約に該当する事項には、当社の損害賠償責任を完全に免責する前項の規定は適用されないものとします。利用者に発生した損害が当社の債務不履行又は不法行為に基づき、かつ当社に故意又は重過失がある場合、当社は、当該利用者が直接被った通常損害を上限として損害賠償責任を負うものとします。

第25条(権利帰属)

  1. 本サイト及び本サービスに関するすべてのコンテンツの知的財産権、著作権は、全て当社又はコンテンツ提供者など、適法な権利者に帰属するものとします。
  2. 会員は、当社に対し、本サービスに投稿するすべての情報にかかる著作権につき、目的を問わず、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配付、派生著作物の作成、表示、出版、翻案、送信可能化等に関する一切の利用を許諾するものとします。
  3. 当サービスの全ての情報について、当社以外が、当社に無断でこれを利用、転用することはできません。
  4. スポットコンサルの一貫として、依頼者またはクライアントの依頼又は指示にもとづき、アドバイザーが新たに作成するコンテンツの著作権は、当事者間で別途書面による合意がある場合を除き、依頼者またはクライアントに帰属するものとします。
  5. アドバイザーが、スポットコンサル時に依頼者またはクライアントに共有した、依頼者またはクライアントの指示によらず自ら作成したコンテンツの著作権は、アドバイザーに帰属するものとします。但し、当該コンテンツの使用について、アドバイザーは、当事者間で別途書面による合意がある場合を除き、依頼者、クライアント又はそれらの者が指定する第三者に対し、アドバイザーに対する追加の使用料を支払うことなく、かつ譲渡可能な使用許諾を供与することに同意したものとします。
  6. アドバイザーは、スポットコンサル時に共有するコンテンツに第三者が作成したコンテンツを含む場合、当該コンテンツの使用について、依頼者もしくはクライアントを含むその他第三者の使用が、アドバイザーに対して追加の使用料を支払うことなく使用可能であることを確認しているものとします。
  7. アドバイザーは、依頼者またはクライアントが、スポットコンサル時にアドバイザーから共有された、アイディア、コンセプト、ノウハウ又は技術を、依頼者、クライアント又はそれらの者が指定する第三者が、新たな発明、改良、製造、販売等を含むその他あらゆる目的のために、無償で自由に使用できることに同意するものとします。
  8. 依頼者またはクライアントは、アドバイザーが明示的に拒否した場合を除き、スポットコンサルの内容を記録し、文字に起こすことができることとし、当該記録又は文章は依頼者またはクライアントの所有物であることとします。

第26条(表示)

  1. 会員は、広告、名刺、郵便物等その他一切の媒体にて、当社・本サービスの名称、当サイトとの関係について表示する場合、当社が事前に定めた方法及び表示内容による場合を除き、事前に当社の承諾を求めるものとします。

第27条(本サービスの譲渡)

  1. 当社は、本サービスの事業を第三者に譲渡した場合、本サービスの運営者たる地位、本規約上の地位、本規約に基づく権利、義務及び登録情報及びその他情報を、当該事業の譲渡人に譲渡することができるものとし、会員は、本規約への同意を持って当該譲渡について予め同意するものといたします。なお、本条に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含みます。

第28条 (準拠法・管轄合意)

  1. 本規約は、日本国の法律に基づいて解釈されるものとします。
  2. 本サービスや規約に関連して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2015年5月31日改定
2015年12月21日改定
2016年3月23日改定
2016年5月6日改定
2017年6月19日改定
2017年12月4日改定