専門職/資格に関してお話できます

  • 専門職
  • 経験内容

    食品安全に関連する講演を年間10~20回実施している中で、企業活動の品質保証の方向性を経営に提言し、目標に対する考え方や基準などをしっかりと固め推進する体制を組むなど、積極的に食品品質のあり方を変革している。
    新商品の開発プロセスにおける微生物学的な品質保証設計を通じて、原料の管理が重要であることを社内外に説き、食品品質監査の仕組みを提案。その後の食品安全の活動の主軸として確立。その後、年間100か所の企業の二者監査を実施し、衛生面の改善指導を行った。
    食品安全に関連する行政・業界団体・企業との幅広い連携体制を構築。特に、Global Food Safety InitiativeではGuidance Document Technical Working Group、また日本Local Group Core Memberとして活動。
    また、農林水産省に出向した際には、私の専門性を評価されて、HACCPに関連する法律の改正に携わった。現在、農林水産省と食品産業センターと連携し、中小企業を対象として教育指導マニュアルを作成している。

    地域

    日本の食品工場や研究開発

    役割

    食品品質保証室室長や農水省職員、大学教授

    規模

    工場の設計段階から運営時まで食品衛生管理全般

    期間
    1995年 〜 現在
    関連する職歴
    • 山崎製パン株式会社 係長
    • 山崎製パン株式会社
    • 花王株式会社 グループリーダー
    • 花王株式会社 食品品質保証室室長
    • 農林水産省 調査員
    • ロイドレジスタージャパン株式会社 執行役員 部長

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    ロイドレジスタージャパン株式会社 / 執行役員 部長

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    食の安全を担う人財作りと信頼の見える化を推進/HACCP責任者・調理HACCP技能者・PCQI等多数育成

    科学的な食品衛生管理の設計指導/日持向上処方の提案で収益改善支援

    食品安全の教育事業開発とともに、業界団体の委員を務めるなど、社内外で食品安全の普及に取組んでいます。
    科学的根拠に則った安全の積み重ねと食の安全を担う人財づくりを通して、信頼の見える化をサポートしています。

    食品衛生・食品保蔵技術・食品微生物の研究者にして、食品工場の衛生管理責任者。さらに、食品開発における微生物学的品質保証の責任者、食品品質保証室長として、監査の仕組みや危機対応体制を構築。

    GFSI(国際食品安全イニシアティブ)では、ガイダンス文書作業部会メンバーとして活動し、日本ローカルの組織立上げから関わり国内への普及にも尽力。

    農林水産省へ出向し、フードコミュニケーションプロジェクト(FCP)事務局、HACCP支援法改正の技術的支援を行い、日本版一般的衛生管理プログラムとも言える高度化基盤事項確認項目を設計。
    **************************
    【直近の講演テーマ】
    ・HACCP構築のステップ解説
    ・微生物学的品質確保の商品設計
    ・フレームワーク視点での内部監査手法
    ・品質トラブル初動ポイント など
    **************************
    日本食品衛生協会 HACCP指導者
    農林水産省 FCPアドバイザー
    IRCA登録 ISO22000プリンシパル審査員
    IRCA登録 ISO9000審査員補
    FSPCA PCQIリードインストラクター

    職歴

    • ロイドレジスタージャパン株式会社 /執行役員 部長

      2015/4 在職中

    • 花王株式会社 /食品品質保証室室長

      2005/3 2015/3

    • 農林水産省 /調査員

      2011/3 2013/12

    • 花王株式会社 /グループリーダー

      2001/3 2005/3

    • 山崎製パン株式会社 /係長

      1993/3 2001/3

    • 山崎製パン株式会社

      1988/4 1993/8