企業のイベントマーケティングについてのお話が出来ます

アドバイザー

氏名:開示前


元々メディア業界にいましたが、2010年からイベント関連のお仕事をしています。

◎外資系イベント主催企業において、日本で複数のカンファレンス/展示会を立ち上げ
◎日本ではまだ少ない、有料のカンファレンス(7万円〜30万円)モデルの導入
◎規模としては3000人から1.5万人が参加するマルチトラックのカンファレンスと展示会
◎日本のイベントにありがちな馴れ合いの登壇ではなくグローバルレベルの品質提供

企業のマーケティング手段として一般的であるイベントですが、専門オーガナイザーが主催するイベントに出展する場合や、自社で顧客向けのイベントを開催するなど、様々な形式があります。しかし実はどこに発注して、どのように運営するのが正解なのか?あまり確立された産業でない側面があります。

このため、気づかない内に:

1.無駄なコストを支払ってしまう
2.不適切な発注先を選択してしまう

といった問題が発生しています。

1.無駄なコストを支払ってしまう
よくあるのが、イベントも広告宣伝の一貫と考えて普段お付きあいのある広告代理店に相談してしまうケース。広告代理店は宣伝の専門家であり、イベントは専門外です。そのため彼らは外部に二次発注して手数料だけが発生してしまいます。

2.不適切な発注先を選択してしまう
最近はGoogleで検索すればあらゆるサービス事業者が見つかるのですが、イベント運営の検索では、イベント主催のプロが発注する会社は見つかりません。ここで見つかるのは主に下請けで受注している専門サプライヤーが多く、彼らも手数料を取って運営のプロに再発注することになります。

私自身は外資系の主催企業に在籍していたため、このような日本のビジネスプラクティスを本社に向けて説明することが多く、この日本のイベント業界の構造が特殊性については常に疑問を感じています。これによって、なかなか日本ではグローバルのようなカンファレンス/展示会モデルが定着しないのが実情です。

弊社のミッションは:

1.発注する仕組みが確立されていないイベント業界を定型化していくこと

歴史の長い割にブラックボックス化されているイベントというマーケティング手法を透明化し、下請け孫請構造を破壊。利益配分の最適化を目指します。

2.国外に視野を向けさせ、日本の未来を創ること
 
少子高齢化による市場の縮小や資源の限られた国内だけを見ていては日本の未来はありません。海外においてビジネス機会の集まるイベントを紹介、参加サポートをし日本の未来を創ります。

現在は新型コロナ禍において、人の移動や大人数が集まる活動は下火ではありますが、弊社では多くの日本企業の方々から海外イベントの参加や出展についてのご相談を受けています。

具体的なイベント名指定での参加に限らず、テーマや産業分野に合わせて、まだあまり知られていないイベントを探すお手伝いもしています。

現在弊社では、海外のビジネスイベントを紹介するメディアを運営しています。
https://www.eventglobe.net/

イベントを探すというとJETROのカレンダーが有名ですが、海外のカンファレンスに関しては日本最大級の収録数になっています。これを通じて、日本人の視野を広げるためのお手伝いをしています。

弊社では、発注のやり方が確立されていないイベントのフルサポートから、海外イベントへの参加や出展のサポート、お客様に向けて事業拡大に適したイベント探しなど、海外イベントに絡んだ様々なサービスを提供しています。

■その他
地域: 国内展示会場/ホテル、シンガポール、韓国、インドネシア、ラスベガス、サンフランシスコ、ニューヨーク
役割: イベント主催者としてサプライヤーを管理/プロデューサーとしてサプライヤーを管理
規模: 50〜3万人

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

メディア、イベント業界での経験がながく、事業開発と営業に精通しています。

得意分野:

◎企業のオフライン(イベント)マーケティング戦略・運営
◎企業の国外イベントにおけるマーケティング戦略支援
◎既存コンテンツ・メディアのデジタルトランスフォーメーション

過去の経験として:

国内の新聞社系B2Bメディア企業で、プリントメディアからデジタルメディアの開発までを担当。プリントメディアからネットメディアへの移行期を体験しているので、トラディショナルなメディア企業とイノベーティブなテクノロジー企業のすれ違いのギャップを埋めることに注力しています。

その後、米国系のケーブルTV局、フランス系の女性ファッション誌サイトなどを経験し、従来型メディア企業でのデジタル事業開発を担当。テクノロジーに疎いメディア企業にアドテクノロジーを導入。

後に外資系のカンファレンス・展示会主催企業に転籍し本格的にオフラインマーケティング(イベント)に注力。広告・マーケティング、エネルギー系カンファレンスの開発に従事し複数のカンファレンスを事業化、収益化。

2017年より独立し:

・日本企業の国内外におけるイベントマーケティング支援
・海外イベントへの参加・出張サポート
・海外のイベントオーガナイザーの日本国内における活動の支援
・企業のプライベートイベントの企画運営サポート
・中小規模企業やSME向けの事業開発コンサル

などをやっています。

イベントマーケティングにおいては、従来のSP企業と違い単なるイベント制作や実行ではなく、他社と差別化されたコンテンツの立案から携わっています。海外での活動については、世界中にイベント業界でのネットワークがありますので、様々国での対応が可能です。

出来ない理由を説明する時間があるなら、どうやったら出来るのかを考えるのがお仕事です。ぜひご相談ください。


職歴

インズ・ビーアイティー合同会社

  • 2017/9 - 現在

dmg::events Japan

  • カントリーマネージャー/Event Director - Global Energy portfolio 2010/4 - 2017/8

Media Associates

  • Founder 2009/8 - 2010/3

Hachette Fujingaho

  • ビジネスマネージャー 2008/7 - 2009/7

MTV Networks

  • ディレクター 2007/5 - 2008/6

日経BP

  • Advertising Manager 1991/4 - 2007/4
  • 2000/4 - 2002/3
  • 1998/4 - 2000/3
  • 1991/4 - 1998/3

このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック