警備業・施設管理における人事制度・採用・教育研修等について

  • 警備保障
  • 人事

経験内容

具体的な経験の内容

地域拠点責任者として警備員の募集・採用・教育、新卒採用部門責任者として募集・採用・教育、全社の人事担当部門責任者として勤務形態や給与等の関係知識を有し、一般社団法人東京都警備業協会の委員を務めるなど業界の採用動向にも知見があります。

実績や成果

毎年200名以上の新卒、500-1000名の中途採用を行っており、媒体利用・企業説明会・web等の募集から、採用面接等の要員指導、学校訪問等も行いました。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

近年は地方高校の地元志向が強く、若年層の減少と共に採用が厳しい業種の一つです。地域採用と希望転勤を組み合わせるなど採用と人事施策の工夫を行いました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

業界構造・賃金・教育内容等が現代の若者とミスマッチするケースも多く、魅力的な職場作りと業務イメージの向上が重要な業種です。
その上で、業務内容や経験・資格取得機会等を理解してもらう求人募集を行う必要があります。
昨今は、協会が求人の支援を行うなどの取り組みや、オリンピックの共同受注など様々な取り組みがありますが、大手警備会社幹部経験者としてこれらの知見を持っております。

お役にたてそうと思うご相談分野

業界構造、警備関係の新規事業・新規参入の検討、施設警備等の業務効率化、機械警備・貴重品輸送業務の実情、人員募集・教育・人材育成等警備業に関する幅広いアドバイスが可能です。

役割

拠点責任者から採用担当部門責任者、教育担当者、経営陣(取締役常務執行役員)

規模

8500

期間
1982年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 株式会社セノン 取締役常務執行役員

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社セノン / 取締役常務執行役員

プロフィール詳細を見る


自己紹介

◆経歴
昭和35年1月22日生まれ
昭和57年 3月31日 日本大学文理学部社会学科卒業
昭和57年 4月 1日 極東警備保障㈱(現・㈱セノン S63年社名変更)入社
平成22年 4月 1日 執行役員 企画部長
平成26年 6月27日 取締役執行役員
(平成28年4月より取締役常務執行役員)
平成30年 6月28日 取締役常務執行役員退任(4月より警務教育部長)
平成31年 3月31日 ㈱セノン退職
公益社団法人日本防犯設備協会理事・一般社団法人東京都警備業協会総務委員を経験(二団体は退任)
平成31年 4月 1日 FM防災Lab設立
一般社団法人レジリエンス協会幹事
日本災害情報学会・日本災害食学会・日本安全保障危機管理学会に所属

職歴

  • 株式会社セノン /取締役常務執行役員

    1982/4 2018/6

他の経験