企業とNPOの連携などセクターをまたぐ協働における協働先の選択方法,プロジェクトの効果を上げるためのポイントについてお話できます

  • 新規事業/R&D
  • 起業/創業
  • NPO/ボランティア
  • 経験内容

    新規事業開発を担当していた時に「BOPビジネス」の立ち上げリサーチに関わった経験から、NPOと企業との連携の仕方を実際に模索。その際の活動実績が『国際開発ジャーナル』で取り上げられる。
    2010年より、ソーシャルベンチャーパートナーズ東京(SVP東京)に在籍。2012年より理事を努め、主に企業とNPOの連携推進に向けたサポートを行っている。


    概要

    1984年株式会社諏訪精工舎(現セイコーエプソン株式会社)入社。電子部品営業、マーケティングの職責を担い、国内大手家電メーカーの開拓に始まり、台湾、ロンドン、ミュンヘンでの販売現地法人でのトップマネジメント経験を積む。帰任後は電子部品を軸とした新規事業開拓の責任者として、市場機会の探索からビジネスプランの策定、商談具体化に向けての推進を行う。
     販売現地法人では拠点設立及びクローズそれぞれのプロジェクトを担当し、HRMでの経験も積む。新規事業の企画担当になって以降、社内マーケター及びイントラプレナー(社内起業家)育成のプログラムを開発。営業現場での必須研修として立ち上げた。2014年末にビジネスパーソンの学びを開発するコンサルティング会社「合同会社志事創業社」(しごとそうぎょうしゃ)を立ち上げ、独立。現在に至る。
     前職在職中から、他社の志を同じくする仲間たちと"会社人を社会人に!"をスローガンに「かなりあ社中」を結成し活動を開始。「共創」イベントの企画,ファシリテーションなども行う。同名義で日経テクノロジーオンラインでコラム「ソーシャル・リーマンズが行く!」を連載中。3×3Laboの「丸の内プラチナ大学」ではプレゼンター、講師なども務めている。SVP東京 理事,一般社団法人新興事業創出機構 フェロー,一般社団法人 企業間フューチャーセンター 理事 等

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験