総合リース会社での海外事業展開/M&A実務についてお話ができます。

  • 海外ビジネス
  • 金融
  • 経験内容

    お役に立てそうな相談分野

    ・銀行系ノンバンクの海外M&A実務
    ・新規事業にかかる意思決定プロセス
    ・事業運営の問題点など

    具体的な経験の内容

    ・ 海外事業拡充を目的としたM&A業務全般、主に中国本土、ASEANのアセットファイナンス企業をカバー
    ・ ディースソーシングに係る、対象となる市場の調査、ターゲット企業のスクリーニング、アプローチ
    ・ 会計コンサルを選定起用し、ターゲット企業の会計・税務DD成果物のレビューと検証
    ・ 社内チームを横断結成し、自社でビジネスDDを実施
    ・ ストラクチャー・法的要件の確認、契約内容のレビュー、行政当局との折衝
    ・ ターゲット企業との条件交渉、シナジー効果による成長戦略の策定
    ・ ポストM&Aのインフラ整備、事業拡大への支援、投資事業のモニタリング
    ・ 投資案件に関わる社内承認プロセスの稟議起案、経営陣へのプレゼン・報告等

    実績や成果

    ・ 米投資ファンドから航空機大手ファイナンス会社の持分取得(2012年)
    ・ 中国建機リースJVの持分取得(2011年)
    ・ タイ大手オートファイナンス会社への戦略投資(2010年)
    ・ 台湾系大手リース会社への戦略出資(2010年)
    ・ トルコ大手オートリース会社の持分取得(2008年)
    など

    地域

    日本国内/中国、台湾、タイ、トルコ、アメリカ

    役割

    実務担当として事業戦略の策定から実行(承認プロセス)までを経験

    規模

    メガ銀行グループ総合リース会社大手

    期間
    2007年 〜 2012年頃

    自己紹介

    大学院修了後、メガ銀行系列のリース会社に入社。営業部門を経て、自社の海外事業拡大を目的とした事業投資に従事、JV、戦略投資等、10件以上の実績を残す。よりM&Aの現場に近い仕事がしたいということで、日本電産に転職。グループのM&Aを司る企業戦略室に所属、中国のグループ会社の再編、カーブアウト、リストラなどを経験。その後、大手日系証券の投資銀行本部にて自動車部品、エネルギーセクターのカバレッジ兼M&Aアドバイザリーとして従事。以前お世話になった元上司のご縁から、2016年からフリーランサーとして独立、中堅/中小企業の事業戦略立案、M&Aの創出、実行、PMIまでに渡り、オンサイトでのサポートを行っている。現在は、PMIの最中で、合計で約500名規模の海外生産拠点と営業拠点の経営を担い、改善プロジェクトの立ち上げ・推進など行っている。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験