スタッフ部門のシェアードサービス化

  • アウトソーシング
  • 経営企画/経営管理

経験内容

具体的な経験の内容

 スタッフ業務のたな卸しを実施、それを元に戦略・企画機能と実行機能を仕分け
 その上で、シェアードサービス業務への切り出し

実績や成果

 人事業務部門のシェアード化推進、情報システム部門のシェアード化実施 

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 戦略機能と実行機能の切り分け方は、人によって様々違うところが課題でしたが
 そこを明確な基準を設け、社内にオーソライズした上で仕分け実施
 情報システム部門については、業務と工数の関連を可視化し、課題を浮き出しにしました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

 シェアードサービス業界の課題や必要要件

関連する論文やブログ等があればURL

 シェアードサービスが集まった団体で、研究テーマとして「シェアードサービス社員の幸福度」を掲げ、
 複数グループある中で、最優秀賞を頂いたこと

お役にたてそうと思うご相談分野

 シェアードサービスの切り分け方
 レピュテーションマネージメント
 パフォーマンスマネージメント

地域

日本

役割

スタッフ業務改革グループ リーダー(マネジャー)

規模

400名スタッフ部門が対象 (人事部門、経理部門、総務部門、情報システム部門、物流部門)

期間
2015年 〜 2017年頃

自己紹介

ヤマハ㈱情報システム部へ入社後
インフラを中心に担当

SAP導入プロジェクトにてBASISリーダー
データセンター移転プロジェクト

全社BCPプロジェクトに情報システム部門代表として参画。策定に至る。

LotusNotesからOffice365への引越しプロジェクト

IP電話導入、ネットワークアウトソーシングなどのプロジェクトを担当

2014年6月よりヤマハグループ会社ヤマハサウンドシステムへ出向
情報システム室長を担当

2015年10月ヤマハ㈱へ復職、スタッフ業務改革グループリーダーを担当
スタッフ部門の業務改革を担当
スタッフ部門の業務棚卸しの上で、戦略以外の機能については、シェアードサービス会社へ移管推進


2017年3月株ヤマハビジネスサポートへ出向
業務改革担当
 ・RPAという新たなソルーションを担当して、社内展開を進めている
 ・業務の可視化を担当

2019年4月 RPA推進プロジェクト 担当 
  ・ヤマハグループ向けのRPA導入支援を担う
  ・製品選定から、開発運用保守の体制整備・ドキュメント整備
  ・サービスメニュー化

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験