社員が辞めない、優秀な社員が採用できる社内広報についてお話しできます

  • 医療用電子機器
  • 広報

経験内容

「社内広報」は「人材育成」
どの企業でも「社員にこの想い(考え)をどう伝えようか」と意識した時点で「社内広報」は始まっているのです。「社内広報」の戦略的な活用が「組織力」を向上させ、社員を「成長」させるのです。成長した社員には「会社を誇りに思う」気持ちと「業務への責任」が現れます。
「社内広報」は企業を内部から成長させる取り組みです。
「社内広報」にはいくつもの手段があります。
手段を駆使すれば社員・企業の成長が加速します。
20年間業界大手PR会社でプランナー・マネージャーとして、IT、ヘルスケア、消費財など多岐にわたる業種を担当。パブリシティに留まらない”エンゲージメント”を目的とする戦略思考で、ブランドや企業イメージ拡大に貢献してきた実績と、マネージャーとして4名でスタートした部署を、わずか2年で部下15名を抱える部門に拡大させるなどマネジメントで手腕があります。
また、東証一部上場企業の広報室長として、当時900店舗の従業員のモチベーション向上のために社内広報を駆使し、現在はフリーランスとして企業に社内広報をディレクションしているノウハウをご提供します。
日本広報学会会員(インターナルコミュニケーション経営研究会所属)
日本医学ジャーナリスト協会会員
https://mbp-japan.com/tokyo/asignpost/column/

地域

東京

役割

広報室長

規模

ベンチャー企業~中小企業~東証一部上場企業まで

期間
1991年 〜 現在

自己紹介

20年以上、広報・コミュニケーション活動に従事。PR会社で培った現場力・ノウハウと、事業会社の広報責任者としての実行力・調整力を強みに持つ。プレイヤーとしても企画から実施、結果に至るまでのサイクルを自身で展開できる。ニュースリリース作成からメディアリレーションはもちろん、特にキーメッセージ開発と結果をイメージできる提案は高く評価され、多くの企業からPRコンサルタントとして専属指名を受ける。
またマーケティングや広告宣伝にも明るく、広報活動にマーケティング的思考を組み込むPR戦略はパブリシティにとどまらない成果をあげる。また多部門間での連携をスムーズに進める調整役としての立場を担う。
日本広報学会会員/日本医学ジャーナリスト協会会員

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験