特許出願・権利化、特許係争、契約書作成、契約書確認、法務担当

  • 通信機器(携帯電話・PHS)
  • 法務/知財/コンプライアンス

経験内容

具体的な経験の内容

弁理士資格を保有し、知財・法務部門で特許出願、権利化、係争業務を担当していました。
法務分野で、契約書の作成、確認なども経験し、知財・法務分野の戦略立案、実行、推進進捗の指導・確認をすることができます。
知的財産権(特許、実案、意匠、商標、著作権)などについての説明、セミナーの講師ができます。
企業様において、技術部門、企画部門、営業部門などの方を対象に知財、法務関連の内容をそれぞれの企業特性に合わせ解説することができます。
知財を経営資源としてどう取得、活用すればいいかご提案することができます。

地域

大阪、奈良、広島、千葉

役割

知財管理室で知財・法務関連のマネジメントを経験

規模

1200人

期間
1981年 〜 2012年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

製造業において、保有する無形財産権(特許、商標、ブランドなど)の現状価値評価と、有効な活用方法についての戦略策定、実行などを経験してきました。
知財活用やブランド戦略の立案・実行について経営層に助言や提言ができます。
社内で創作された発明の抽出と特許出願、権利化、管理と有効な権利の最適な活用をご支援ができます。
各種契約書(取引基本契約書、購買契約書、業務委託契約書、共同開発契約書、秘密保持契約書など)の作成と、取引相手から提示された契約書内容の確認、修正案の作成などのご支援ができます。
法律事務所の弁護士、特許事務所の電気、化学、ソフトウエアなど各分野の弁理士との人脈を有しています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験