農業における全般と6次産業化食品加工についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 6次産業化/アグリビジネス

種苗会社で栽培技術指導員と品質管理担当者をしておりました。現在は造園業をしながら、海外の農村部地域支援の立案、研究調査、事業提携先交渉担当をしております。
また農村部地域支援と言うことで、大きなフレームを掴む必要がある為、東京大学にある撤退の農村計画東京支部にて共同研究に参加しております。
外資系商社の為に加工食品の調査も担当しております。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

栽培指導員及び品質管理担当は1991年から6年間関東甲信越を中心に担当しました。
6次産業化については、コーヒーを商材として2008年からフランス領ニューカレドニア島、沖縄本島を対象に2013年まで研究調査しました。
2010年よりフランス出張が縁で海外農村部の地域支援参加要請(3カ国産官学)を受け、企画立案及び事業提携交渉を担当しております。
造園樹木関連は、2013年より従事しており、現在に至ります。
2005年から2011年まで南米バルサ材製サーフボードを注文売販売をしておりました。

どちらでご経験されましたか?

種苗会社 サカタのタネ
フランス領ニューカレドニア島コーヒー農園 カフェロラ農園
サーフボード販売及びコーヒー販売他 コズミンスキー(Kozminski)

その時どのような立場や役割でしたか?

種苗会社では70人程の生産者を担当する地域マネージャーでしたが、コズミンスキーでは代表として運営しておりました。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


サーフボードの輸入注文販売で起業し、現在農村を中心とした内外の地域開発のコンサルタントをしております。併せて人材育成に関する支援要請を受け、障害者を中心とした自立支援を研究者と共に研究し、実践的プログラム開発を目指しております。農村研究については、東大の農村研究グループに在籍して、知見の収集を図っております。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る