産業機械・電機部品・機械部品・コンテンツ・人材紹介等のマーケティング・営業のあり方・成功事例等についてお話できます。

  • 工作機械
  • 海外営業/海外進出

経験内容

具体的な経験の内容

1.韓国の代理店と連携し各種産業機械の販売2.アメリカで各種産業機械のマーケティング・販売経験3.ミャンマー市場開拓4.新規海外技術の機械部品の日本での立上げ5.日本電産のコアビジネスであるHDD用モータの競合を圧倒する(シェア75%位)営業活動6.海外製コンテンツ(キャラクター)の日本市場におけるマーケティング7.自身の人脈を生かした職業紹介業8.海外製のスマホ用アクセサリーの日本における小売り立上げ9.営業組織力強化の顧問業

実績や成果

年間1200億円位の売上に繋がる開発サイドの営業実績、アメリカでの各種産業機械(包装機械、粉体加工機械、モータ製造機械)の1機種あたり年間数億円レベルの販売体制構築・売上、新規市場(ミャンマー)におけるJ/V立上げ等

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

ダントツNo.1の既存ビジネスの維持・拡大の課題は、あらゆる面(スピード、品質、コスト、納期・立上げ、サービス、顧客対応)で競合を圧倒すること。この課題を、営業の姿勢面(情熱、熱意、粘り、ハードワーク、スピード等)で強い使命感・危機感を持って最善を尽くし競合に付け入るスキを与えないこと、顧客に私自身の魅力を高め・信頼感を高めて頂くこと、及び、営業として、開発部門、工場部門、品質保証部門等の社内各部門を妥協なくリード・牽引することで競合を寄せ付けず乗り越えた(成就した)。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

モータ業界における日本電産のポジション・理念・圧倒的に強い理由は理解している。産業機械の業界構造は凡そ理解している。

関連する論文やブログ等があればURL

ありません。

お役にたてそうと思うご相談分野

強い営業(組織)にする為の会社理念・方針、営業姿勢のあり方、戦略策定。グローバルビジネスの立上げ・方向性の決定等。

地域

東京本社/アメリカ法人/ミャンマー事務所/京都本社/アメリカ法人/滋賀開発センター

役割

拠点責任者として営業戦略策定・営業推進管理

規模

マネジメント40名位、多くの超大手クライアント(Johnson & Johnsonグループ、GE、Intel等々)に対応

期間
1980年 〜 現在
関連する職歴
  • 株式会社KJメディアエンターテインメント 代表取締役
  • 日本電産株式会社 部長、V/P
  • 株式会社トーメン 副部長職

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社KJメディアエンターテインメント / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

◇豊富なグローバルビジネスの経験(アメリカ駐在12年、ミャンマー滞在3年、韓国への頻繁な出張等)
◇新規市場開拓(ミャンマー市場開拓経験):新規市場で全くゼロ(売るものも決めずに、顧客もない状態から)からビジネスを造り出すアプローチを経験。 
◇新規製品開拓(ヨーロッパの技術である石材を主原料にしたマシーンベッドの日本市場での開拓、韓国製キャラクターの日本市場でのマーケティングの経験等) ◇新規顧客開拓:常に新規顧客の開拓に従事。
◇人脈の構築・強化・活用:学生時代・前職等の人脈を手繰り寄せ・構築・強化しビジネスに繋げる。
◇ダントツのNo.1ビジネスの維持・発展:日本電産勤務時にHDD用モータ(世界シェアー75%)の営業 活動(競合を圧倒する営業活動)を通じ社長の指導も受けそのノウハウを修得。世界シェアー75%を誇る最強組織のあり方を体験。QCDSSS+会社(社長)のコミットメントが重要。
◇種々製品・商品の取り扱い
各種産業機械(モーター製造機械、工作機械、包装機械、プラスティック機械、ミニプラント等)、電子・電気部品(各種モータ)、コンテンツ(キャラクター)、スマホ用アクセサリー、人材等幅広い製品・商品・サービスの取り扱い経験。
◇イベント企画の経験
社内運動会でのアトラクション企画、中学・高校の同窓会の企画・人集めが趣味で得意としている。

職歴

  • 株式会社KJメディアエンターテインメント /代表取締役

    2012/10 在職中

  • 日本電産株式会社 /部長、V/P

    2000/4 2012/9

  • 株式会社トーメン /副部長職

    1980/4 2000/3