1型糖尿病における国内のマーケットの動向、特に患者さん側からのアンメットニーズについてお話できます

  • 医療(病院運営)
  • 医療専門職

経験内容

名古屋市の中心にある、糖尿病専門クリニックです。特に1型糖尿病の治療に力を入れており、CSII(インスリンポンプ療法)の外来導入と維持、CGM(持続血糖モニタ)の外来検査、診療へのICTやスマホアプリの活用、カーボカウントの指導、および患者会活動に実績があります。
クリニックのモットー「心の通い合う温かな医療を目指します」を目指して頑張ります。

どちらでご経験されましたか?

Soleil Chikusa Clinic 院長

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2010年10月 〜 継続中

その時どのような立場や役割でしたか?

院長として、様々な患者会活動を行ない、セミナーやイベントを開催し、SNSを通じて全国の患者さんとネットワーク作りをしています。

得意な分野・領域はなんですか?

1型糖尿病領域の患者さんのニーズの拾い上げ

この分野は今後どうなると思いますか?

医療者が圧倒的に主導権を握る医療から、患者さんが能動的に選択する医療に、急速に変化しています。

誇りに思う成果はなんでしたか?

SNSによる患者さんの全国ネットワークの構築。全国から患者さんが集まる患者イベントの開催。

地域

愛知県名古屋市

役割

医師

規模

これまでの1型糖尿病患者受け持ち数は約800名

期間
2000年 〜 現在
関連する職歴
  • Soleil Chikusa Clinic 院長
  • 海南病院 糖尿病科部長
  • 海南病院 糖尿病・内分泌科部長代理
  • 海南病院 糖尿病・内分泌科医長
  • 海南病院 内科医員
  • 海南病院 Physician
  • 海南病院 研修医

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

Soleil Chikusa Clinic / 院長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

名古屋市千種区のソレイユ千種クリニック院長です。糖尿病、特に1型糖尿病の治療に情熱を注いでいます。1型糖尿病の症例数、インスリンポンプ療法の症例数、CGMの症例数、糖尿病領域におけるITやスマホアプリの活用については、糖尿病領域における患者活動の実績については、日本有数であると自負しています。

詳しくはFacebookあるいはクリニックホームページにて。

職歴

  • Soleil Chikusa Clinic /院長

    2010/10 在職中

  • 海南病院 /糖尿病科部長

    2009/4 2010/9

  • 海南病院 /糖尿病・内分泌科部長代理

    2008/3 2009/4

  • 海南病院 /糖尿病・内分泌科医長

    2007/4 2008/4

  • 海南病院 /内科医員

    1998/4 2002/3

  • 海南病院 /Physician

    1997/4 2002/3

  • 海南病院 /研修医

    1997/4 1998/3