IT業界, 家電, サービス業界での音声インターフェース(Voice UI)使ったサービスの問題点と対策について話せます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • システム・ソフトウェア開発(携帯・家電)
  • 研究開発

大手電機メーカー/グローバルカンパニーの本社及び研究開発部門に長年従事してきましたので、世界レベルのIT技術(UI, UX, 人工知能AI, インタラクション)について最先端のお話ができます。
https://www.neomadesign.jp/michi/
日本でいち早く顧客体験デザイン(UXデザイン)について研究開発をして商品開発に組み込みました。どんなビジネスにおいても顧客(従業員含む)体験や満足度を上げる事が重要です。UX(顧客体験)は、Webサイトやスマフォアプリだけの世界ではなく、どんな業種にも応用できます。
認知学や行動経済学、心理学などIT技術以外の技術分野から、また、実際のビジネスへの応用とプロデュース、そしてソニーで鍛えたデザインセンスの3方面から考えお話できます。
音声UIUXについてはソニー株式会社の研究開発本部で約5年、独立後約4年ほど携わりました。ソニー時代には同部門に音声認識、意味理解、言語解析、音声合成の研究チームが居ましたので大枠の技術は理解しています。
全ソニーグループにおいて初めて音声専門のUI/UXチームを立ち上げて、PS4やXperiaなどの音声IFやUXの提案から開発を指揮指導しました。同時に、ソニーで対話エージェントやAIの研究開発を行いました。この時は、日本語だけでなく英語等も対象にしていました。
ネオマデザインではソニー時代の知見や経験を生かし大手メーカーやIT企業様のロボットや対話エージェントのコンサルティングや開発を携わっています。その他、音声やジェスチャに関するUIUXのセミナーや発表も行っています。Pepper をつかったデジタルサイネージ提案等も行いました。
自著の音声UIに関するビジネス書「音声に未来はあるか?インターフェースが未来を動かす」(日経BP)を発刊します。なぜスマートスピーカーが認識してくれないのか、これからの音声対話はAIになってどうなるのか、VUIビジネスの最先端について記載しました。
https://www.neomadesign.jp/vui_book_publishing/
Amazon書籍 > https://www.amazon.co.jp/dp/482225691X/
 
弊社のblogは私が執筆しており音声UIUXについての内容もいくつか記載しています。
https://www.neomadesign.jp/communication_with_robots/
音声UIUXについては、エンジニアリング視点、UX視点、心理学・音声学視点、コミュニケーション視点が必要ですが網羅して語れる人は恐らく日本には数人しかいないと思います。
また15年以上プロジェクトマネージメントやチームリーダーを務めましたので、大手の技術開発のやり方やマネージメントでのノウハウをもって、ソフトウェアやプロダクツ開発のコンサルティングができます。

どちらでご経験されましたか?

ソニー株式会社 シニアリサーチャー/シニアプロデューサー
ネオマデザイン株式会社 CEO/Beyond UX Creator

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2000年4月 〜 2014年8月:次世代UIUXの開発と事業化
2014年8月〜現在:音声対話UIUXの開発(他社コンサルティング及び共同開発を数件)

その時どのような立場や役割でしたか?

責任者として企画立案、チームマネージメント、プロデュース、デザインディレクション、技術開発アーキテクトと幅広く従事しました
ソニー退社直前は、技術開発部門における次世代UIとAIに関わるUX開発部門の責任者及び社内最有識者として活動しました
PS4の音声認識や次世代のAIエージェントなどの開発のリーダーとしても従事していました・次世代UI(ジェスチャ, 音声, AI)の開発とプロデュース

得意な分野・領域はなんですか?

・顧客体験(UX)/顧客視点からの商品企画やビジネスのプロデュース及び改善
・空間や感性感情を軸とした技術開発やサービス
・音声を使った対話インターフェースやUXの開発
・次世代技術(AIや画像認識)を使ったUIUXやインタラクションアプリケーションの開発
・デジタルサイネージやエンターテインメントシステムや空間の企画プロデュース
・抱負なチームリーダー経験によるチームマネージメント(ソフトウェア、プロダクツ)
・アイデア創出等

この分野は今後どうなると思いますか?

音声対話を使ったロボット、エージェント、家電が今後も市場に多く流れてくるだろう。
一方で音声インターフェースは過去に数回「使い難い」「使えない」のレッテルを貼られた黒歴史がある。
現在はネット環境やAI技術の進歩もありサービスと連携した音声対話がそこそこできてきているが、まだまだ
使い難い部分が多い。本来音声はコミュニケーション用のインターフェースも兼ねており、感情や人との立場もふくめて利用されるものであり、感情・心理学的なものも含めて扱う必要がある。

音声認識率、意味理解率とサービス連携率が向上はしても体験等の改善がみられないと3D立体視のように流行でおわってしまう可能性もあるが、一方で bot のような簡単なQAについてはかなり人不在で対応できており、業界によっては非常に効果の高い技術であるとも考える。

誇りに思う成果はなんでしたか?

PS4の音声UIやジェスチャなどのUIUXの企画、開発、デザインディレクション、プロデュースを行いました
また、現在も某メーカー、某大手インターネット企業様と人工知能エージェントとの対話UIUXなどをコンサルしながら開発しています

地域

東京

役割

マネージメント経験、技術リーダー、企画リーダー、デザインディレクション

規模

ソニー時代は社員数万人、ネオマデザインでは数名程度

期間
1998年 〜 現在
関連する職歴
  • ネオマデザイン株式会社 / Neoma Design 代表取締役 / CEO
  • ソニー株式会社 シニアリサーチャー/シニアプロデューサー

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

ネオマデザイン株式会社 / Neoma Design / 代表取締役 / CEO


ソニー株式会社に22年勤務し、UI/UX・ネットワーク・空間や感性に関わる研究開発に携わっていました。 2008年にはインタラクティブデジタルサイネージを開発しビジネス化。アーティスト "元気ロケッツ" とのコラボで日本初となるユーザー参加型のインタラクション3Dライブのテクニカルディレクター及び開発リーダーとして従事。その後、Natural UI/UXの研究開発リーダー、PlayStation4のインタラクションデザイン(UI, 特に音声UIとUX)や次世代家電のプロジェクトを指揮しました。 IT業界以外でのUX(顧客体験)視点でのビジネスプロデュースやモノ創りをしたいため、2014年にネオマデザイン株式会社を設立し独立。 翌年より慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科付属メディアデザイン研究所(KMD)のリサーチャーにも就任しています。   ビヨンドUXクリエイター, ITコンサルタント, サイネージプロデューサーとして活動。人工知能AIエージェントや次世代UIUXの研究開発にも携わっているため、次世代のIT技術についても語れます。 特に音声UI(Voice UI) / UX においてはソニー初となる音声UXデザイン部署を創りマネージメント、PS4やソニーの製品を音声で操作できるXperia アプリなどを企画開発しリリース。音声UIの良いところ悪いところ、今後について語れます。 2018年6月には音声UIUXのビジネス著「音声に未来はあるか?インターフェースがビジネスを動かす」を日経BPより出版(2018年6月末)しました。 https://www.neomadesign.jp/vui_book_publishing/ フィットネスクラブの空間プロデュースやテーマパーク内のインタラクションなども手がけました。企画からデザイン、開発と一貫して商品クオリティでマネージメントできるため、幅広い知見からコンサルティングできます。   個人ポートフォリオ:https://www.neomadesign.jp/michi/ 弊社ホームページ :https:/www.neomadesign.jp/ 空間/時間を人間中心に考え、アナログとデジタル、リアルとバーチャル、それぞれの良さを生かした新しい価値と体験を創造したいという強い思いで、活動中。 ※特許出願40件以上(特許化多数), 論文(海外4件、国内5件以上)

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る