氏名:非公開

ネオマデザイン株式会社 / Neoma Design / 代表取締役 / CEO

日本(東京)

こんなことお話できます


自己紹介

ソニー株式会社に22年勤務し、UI/UX・ネットワーク・空間や感性に関わる研究開発に携わっていました。



2008年にはインタラクティブデジタルサイネージを開発しビジネス化。アーティスト "元気ロケッツ" とのコラボで日本初となるユーザー参加型のインタラクション3Dライブも手がける。その後、Natural UI/UXの研究開発リーダー、PlayStation4のインタラクションデザイン(UI, 特に音声UIとUX)や次世代家電のプロジェクトを指揮しました。



IT業界以外でのUX(顧客体験)視点でのビジネスプロデュースやモノ創りをしたいため、2014年にネオマデザイン株式会社を設立し独立。
翌年より慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科付属メディアデザイン研究所(KMD)のリサーチャーにも就任しています。
 
ビヨンドUXクリエイター, ITコンサルタント, サイネージプロデューサーとして活動。人工知能AIエージェントや次世代UIUXの研究開発にも携わっているため、次世代のIT技術についても語れます。



特に音声UI(Voice UI) / UX においてはソニー初となる音声UXデザイン部署を創りマネージメント、PS4やソニーの製品を音声で操作できるXperia アプリなどを企画開発しリリース。音声UIの良いところ悪いところ、今後について語れます。2018年6月には音声UIUXのビジネス著「音声に未来はあるか?インターフェースがビジネスを動かす」を日経BPより出版(2018年6月末)



https://www.neomadesign.jp/vui_book_publishing/



フィットネスクラブの空間プロデュースやテーマパーク内のインタラクションなども手がけました。企画からデザイン、開発と一貫して商品クオリティでマネージメントできるため、幅広い知見からコンサルティングできます。
 
個人ポートフォリオ:https://www.neomadesign.jp/michi/
弊社ホームページ :https:/www.neomadesign.jp/



空間/時間を人間中心に考え、アナログとデジタル、リアルとバーチャル、それぞれの良さを生かした新しい価値と体験を創造したいという強い思いで、活動中。
※特許出願40件以上(特許化多数), 論文(海外4件、国内5件以上)


職歴 / 学歴

  • 2014/9

    ネオマデザイン株式会社 / Neoma Design /代表取締役 / CEO

    2014/9 継続中

  • 1992/4

    ソニー株式会社 /シニアリサーチャー/シニアプロデューサー

    1992/4 2014/8

  • 1988/4

    横浜国立大学

    1988/4 1992/3