シャープ株式会社における成功と失敗の教訓から、経営戦略・技術戦略のあり方についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 20,000

経験内容

  • 経営/管理部門

シャープで、太陽電池の研究開発に約18年間従事し、この研究成果で1992年に大阪大学から工学博士号を授与されました。
 この太陽電池の技術を展開し、液晶の研究開発に約12年従事しました。
 立命館アジア太平洋大学では、液晶産業、太陽電池産業、半導体産業の研究を行い、2009年に立命館大学MOT大学院から、博士(技術経営)を授与されました。
 また、シャープの経営の成功と失敗を分析し、2015年に『シャープ「液晶敗戦」の教訓』(実務教育出版)、および2016年の『シャープ「企業敗戦」の深層』(イースト・プレス)を出版しました。これらの本を基に、テレビ出演、講演、授業、研修等を多数おこないました。



■ どちらでご経験されましたか?
立命館アジア太平洋大学 名誉教授



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
シャープ株式会社にて、太陽電池の研究開発に約18年間、液晶の研究開発に約12年間従事しました。その間に、3年間にわたり米国勤務し、シャープアメリカ研究所研究部長等を務めました。
 2004年から、大分県別府にある、立命館アジア太平洋大学で、シャープでの日米の経験を活かし、日本語と英語で「技術経営」を教えるとともに、液晶産業、太陽電池産業、半導体産業等を研究した。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
シャープでは、液晶事業本部の技師長として、液晶研究開発を統括しました。また、シャープアメリカ研究所では、液晶部門のトップとして、米国におけるグローバルチームの研究開発を統括しました。
 立命館アジア太平洋大学では、アジア太平洋イノベーション・マネジメント・センターのセンター長として、イノベーション・マネジメントおよび技術経営の研究・社会貢献を主導した。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
得意な分野は、新規事業・商品開発、研究開発管理、グローバル経営管理、シリコンバレー進出、技術の「目利き」、技術移転、技術経営、人材育成のための研修 等です。



シャープで太陽電池の研究開発に約18年間従事し、この研究成果で1992年に大阪大学から工学博士号を授与されました。このため「太陽電池」の技術・経営が得意分野の一つです。
 この太陽電池の技術を展開し、液晶の研究開発に約12年従事し、「液晶・ディスプレイ」の技術・経営が得意分野です。
 立命館アジア太平洋大学でおこなった、液晶産業、太陽電池産業、半導体産業の研究により、2009年に立命館大学MOT大学院から、博士(技術経営)を授与されました。このため、「技術経営」が得意分野の一つです。
 また、シャープの経営の成功と失敗を分析し、2015年に『シャープ「液晶敗戦」の教訓』(実務教育出版)、および2016年の『シャープ「企業敗戦」の深層』(イースト・プレス)を出版しました。
 これらの本を基に、テレビ出演、講演、授業、研修等を多数おこないました。



■ この分野は今後どうなると思いますか?
ディスプレイ産業を事例として、中国のディスプレイ産業、韓国の有機EL事業、日本の液晶・有機E L事業(シャープ、ジャパンディスプレイ)が、今後数年で大きく変化します。この変化に対応できなければ、淘汰されます。



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
工学博士と博士(技術経営)の理系と文系の二つの博士を持っていることです。
 また、シャープの経営の成功と失敗を分析し、2015年に『シャープ「液晶敗戦」の教訓』(実務教育出版)、および2016年の『シャープ「企業敗戦」の深層』(イースト・プレス)を出版しました。これらの本を基に、テレビ出演、講演、授業、研修等を多数おこないました。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

立命館アジア太平洋大学 / 名誉教授


シャープ(株)で、33年間勤務し、太陽電池の研究開発に約18年、液晶の研究開発に約12年従事し、液晶事業本部技師長等を歴任。その間、3年間にわたり米国勤務。シャープアメリカ研究所液晶本部副本部長、研究部長を務め、国際チームの研究管理と、シリコンバレー等でのベンチャー企業の「目利き」と技術移転に従事。  2004年から、立命館アジア太平洋大学(APU)で、日本語と英語で、「技術経営」を教育・研究。同大学のアジア太平洋イノベーション・マネジメント・センター(AP-IMAC)センター長。  2009年10月から2010年まで、スタンフォード大学の客員教授として、シリコンバレーのベンチャーを調査。  現在、日本MOT学会企画委員長。  工学博士(大阪大学)太陽電池の研究  博士(技術経営:立命館大学)液晶産業、太陽電池、半導体産業の分析  書籍:「シャープ『企業敗戦』の深層」(2016年3月)     「シャープ『液晶敗戦』の教訓」(2015年) テレビ:「そこまで言って委員会」、「ミヤネ屋」、NHK:関西熱視線等多数出演

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る