自動車業界における生産・SCM及び周辺業務領域のシステム企画についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 30,000

経験内容

  • 自動車
  • 海外営業/海外進出

担当者として参加した北米新工場用の新生産管理システム開発・導入において、一部の車両計画系システムについて、日本で開発し稼働しているシステムを導入したが、Proof of Conceptを慎重に行い、新たな追加機能開発を現地にプロジェクトチーム体制を構築して実施したことで、現地メンバーとのコミュニケーションや時差の壁を乗り越えて、信頼関係を構築することで、プロジェクトを成功させることができた。

この分野は今後どうなると思いますか?

より、お客様重視(デマンド・プル型)のビジネスプロセス・システム機能に変遷していく。バリューチェーン・サプライチェーン全体の見える化を促進し、サプライチェーンの運営においてより新鮮な情報を活用することで、お客様への価値創造(商品力に加えた、新たなカスタマーエクスペリエンスの創造)と提供を可能にしていく。

誇りに思う成果はなんでしたか?

北米新工場用の新生産管理システム開発・導入での、日本で開発し稼働しているシステムを導入した。

どちらでご経験されましたか?

車両受発注・生産管理・部品/車両物流などのSCM全般、BOM・PDM・IoT・トレーサビリティ・車載ECU関連のシステム企画・開発・導入を担当。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1990~1993:国内工場にて生産管理システムの運用。
1993~1995:販売会社で、販売Staffとして、実際のクルマの営業を経験。
1995~1999:国内工場にて、生産管理・資材管理等のシステム運用・開発。
1999~2001:日産テクニカルセンターにて、コンピュータ2000年問題対応の後、国内の販売・生産管理システムの再構築を担当。
2001~2003:北米日産スマーナ工場に出向。現地アメリカ人メンバーで構成する、ミシシッピ州の新工場用生産管理システムの開発・導入プロジェクトに参加。
2003~2007:メキシコ日産(メキシコシティ本社)に異動し、管理職としてメキシコ日産情報システム部門部門長。
2007~2010:日本に帰国し、主担として日産Globalおよびルノー・日産アライアンスのサプライチェーン・生産管理・部品/車両物流システム企画・開発・導入を担当。
2011~2017:SCM・生産管理・部品/車両物流に加えて、BOM・PDM・IoT・トレーサビリティ・車載ECU関連のシステム企画・開発・導入を主管として担当。他社(ルノー・ダイムラー)との新工場・新モデル投入時のシステム企画統括。
2017~ :SCM本部SCM企画部に異動し、アライアンス部長としてルノー・日産のSCPE(Supply Chain Process Engineering)を統括、現在に至る。

その時どのような立場や役割でしたか?

入社~2003:担当者として業務に従事。
2003~2010:管理職(主担=課長級)として、メキシコ日産情報システム部門部門長、帰国後のGlobalシステム企画・開発・導入を担当。
2011~2017:管理職(主管=部長級)として、前述の職責を担当。
2017~ :ルノー・日産アライアンス部長として、現在に至る。

得意な分野・領域はなんですか?

生産・SCM領域の業務プロセス設計・システム企画。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


1990年、日産自動車入社後、情報システム部門にて、日本国内工場の生産管理システム運用及び開発。生産・販売の統合管理プロジェクト推進。 2000年、北米日産(NNA)に出向し、プロジェクトマネージャーとして、ミシシッピ州キャントン新工場建設時の生産管理システム開発・導入を担当。アメリカ国内での生産能力増強を実現し、その後のアメリカ国内での販売増に貢献。 2003年、メキシコ日産に情報システム部門部門長(Regional CIO)として出向。アグアスカリエンテスやクエルナバカ工場に北米標準生産管理システムを導入し、メキシコでの生産能力の増大を実現。その後のアメリカ・カナダ・メキシコでの販売増に貢献。また、人事・会計・設計CADのパッケージを導入。ルノー・日産アライアンスでの販売金融会社設立で、販売金融システムソリューションを導入。 2007年、日本に帰任し、グローバル情報システム本部生産・SCMシステム部主担として、ルノー・日産アライアンスでの車両受発注・部品調達・物流管理システムを開発・導入。 2011年、同部主管として、Globalの新工場(インド、ブラジル、タイ)への生産管理・物流システム導入、ルノーアライアンス案件統括担当、ダイムラー案件統括を担当し、ルノー・日産・ダイムラーの3社間での相互車両生産(Cross Production)関連の各種案件を担当し、立ち上げを実施。 2017年、SCM企画部に異動し、ルノー・日産を兼務するアライアンス部長(Supply Chain Process Engineering担当)としてルノー・日産・三菱・ダイムラー関連のサプライチェーンプロセス企画・システム化企画を担当。具体的には、車両仕様管理、生産BOM、車両の市場・生産工場間オーダリング、生産管理(MRP・部品在庫管理・内製部品計画)、部品物流、完成車物流、車載ECUのプログラム・コンフィグデータ書き込みプロセス・システム企画などを中心に、ビジネススキーム企画、業務プロセス企画、システム化企画を担当して現在に至る。 2018年4月、ルノー・日産のアライアンス強化の一環で生産企画統括本部生産管理部に異動。FY17年度同様にルノー・日産・三菱・ダイムラーの社内・アライアンス関連のSCM・生産管理領域のEnd-to-Endプロセスを中心スコープにビジネススキーム企画、業務プロセス企画、システム化企画、システム開発支援・立ち上げ支援をビジネスユーザーサイドから担当。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る