ギフトマーケットを想定した商品開発・マーケティングについてお話できます。

  • 農林水産
  • 営業/マーケティング
  • 経験内容

    より安価な値段で販売することを目指し、多くのメーカーが価格競争に陥っている現場を目にします。しかし規模の論理で言えば、この戦い方は大企業に有利となり、規模の小さな組織が勝てる見込みはありません。大切なことは規模に応じた戦い方をすることです。ナンバー1ではなくオンリー1を目指し、選ばれるための必然性を設けることです。そのための策として高付加価値をつけて独自のポジショニングに築くこと、高価格で販売することをご提案しています。
    私の強みはライフスタイル市場・ギフト市場に特化しており、そこに向けて独自のポジショニングを図ること、そして商品開発、販路開拓をワンストップでサポート出来ることです。

    期間
    2009年 〜 現在
    関連する職歴
    • 株式会社マインドアート 部長
    • UM PROJECT FOUNDER

    概要

    大内 智(おおうち とも)

    1977年生まれ。埼玉県出身。早稲田大学に進学し在学中は演劇に熱中、ものを創りあげていく楽しさに魅せられる。

    卒業後、数回の転職を重ね、2009年より専門商社にジョインする。生活雑貨、服飾雑貨など世界中の魅力ある商品を探し、日本国内に届ける。最終職位はゼネラル・セールス・マネージャー。在職中に関わったブランドは30を超え、商品企画・買付け・販路開拓・メーカー交渉・チームマネジメントなど幅広く担当する。

    2016年に退社し、2017年よりUM PROJECTをスタート。地域の可能性を広げ、その活性化をミッションに国内外で活動する。主に事業者が抱える商品のブランディング、プロデュース、販路開拓、営業指導およびチーム・ビルディングのサポートを行う。商品の持っている強み、そしてベネフィットを見抜き、ターゲットを明確に設定。スポットライトの当て方を変えることで、これまで売れる商品へと数多く変身させてきた。

    また、地方での取り組みを通して、人が自身の内的動機によって変わる現場を数多く目撃する。理屈や建前ではなく、結局のところ本音で生きればいいことを実感する。

    そして2020年、THIS IS ME awakening project (thisis-me.net) をスタートさせる。

    これからの人生はモノではなく「人」にダイレクトに関わり、成長を支援する仕事がしたいと決意する。社会の働き方をより良いものに変えるため、人の内的動機からライフワークを生み出し、覚醒させることを宣言する。

    なお、プライベートでは、一人の子供に恵まれ、自宅で絶賛子育て奮闘中。こちらも良いパパになれるよう、覚醒の時を待つ。


    『好きな言葉』
    Rejoice with those who rejoice; mourn with those who mourn.
    喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。
    You should be the change that you want to see in the world.
    あなたがこの世界に望む変化に、あなた自身がなりなさい。

    職歴

    • UM PROJECT /FOUNDER

      2017/1 在職中

    • 株式会社マインドアート /部長

      2009/6 2016/8

    • ボルテージ /リーダー

      2006/11 2008/11

    • バンタン /フィールドキャップ(主任)

      2002/4 2006/3

    他の経験