自動車業界における適切な在庫管理についてお話しできます。

アドバイザー

氏名:開示前


■ 具体的な経験の内容
自動車部品の調達・在庫管理を行なっていました。
購入部品のロット数、使用数、容器数、納期、納期遅延日数などが在庫に与える影響を考慮しながら適性在庫量を維持・管理していました。
経営層からも度々突かれやすい「なぜこんなに在庫を持っているのか」について説明責任を持っていたため、在庫量についての分析も行っていました。

調達〜管理〜払出しまでのサプライチェーンについて知見があります。

また、2018〜現在まで生産計画、人員能力計算の業務も行なっているため生産管理全般の知見があります。

■ 実績や成果
・内示に対する実生産量の変動が激しい中(前月内示に対し0.3倍〜2.5倍の変動幅)在庫量を適切にローリングし(在庫量・稼働25日分以下)10年間欠品ゼロで運用

・部品メーカーのインサイト化によって部品在庫50㎡分を0に

・生産内示情報の展開プロセスを見直すことで、費用0で内示精度を平均で5%向上

・未納が頻繁するメーカーの納入改善を行い納期遵守率を向上(約70%→90%以上)に

■ そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか
・当時「在庫がなぜ発生するのか」について誰も理論立てて説明ができなかったため、在庫に影響を与える要素の洗い出し、情報の精度の振り幅を設定し数値化した。

・未納メーカーに入り込み生産現場と管理方法を開示してもらった結果、生産に必要な能力計算が不適切であったことが分かり、工数計算の見直しを図った。

■ 業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無
在庫管理分野において受発注管理システムや、ピッキングシステム、業務自動化ツールの導入管理・改善にも携わっていたたため、自動車業界における実業務のシステム化・標準化に対して少しながら知見があります。

また、ピッキングシステム導入の際に構内物流にも携わっていたため、調達〜管理〜払出しまでのサプライチェーンについても知見があります。

■ お役にたてそうと思うご相談分野
・適性な在庫量とその可視化について
・在庫管理視点からのサプライチェーンの改善・最適化について
・情報と実積の乖離の危険性と可能性について

■その他
地域: 神奈川県
役割: 部品発注・在庫管理・構内物流管理・システム化推進
規模: 従業員400名程度

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

2009年〜現在まで、生産管理を行なっています。
部品の調達〜在庫管理〜物流管理までの工程を専門としていました。
年次・月次生産計画と人員能力計算といった工場運営業務に対しても知見があります。


職歴

職歴:開示前

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック