電気業界における戦略的IR活動/海外IR活動/IR体制構築についてお話できます

  • IR

経験内容

7年間の担当期間中に、4名の組織体制が15名まで拡大。会社として戦略IR活動に舵を切った。そのなかで、東証開示規則によるルールの明確化、投資家のニーズと必要な情報収集体制などの組織体制と基盤の整備。戦略的IR活動の構築(経営方針発表、決算発表、事業戦略説明会などのイベントの内容作りから集客、アニュアルレポートの企画など)に従事。加えて、ロンドン、NYをはじめとした、海外主要都市(特に欧州)への投資家訪問を行った。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1999年~2006年の7年間

どちらでご経験されましたか?

松下電器産業株式会社 財務部IRグループ

その時どのような立場や役割でしたか?

15名のIRチームのナンバー2として。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

7年間で外国人投資家対応600件を英語で対応。証券会社任せにせず、事業会社が主体的に投資家との関係性を構築していった点。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社ラーニングプロセス / 視覚会議シニアトレーナー/シニアコンサルタント

プロフィール詳細を見る


自己紹介

思考の見える化を軸に、会議・コミュニケーションなどのビジネススキルを、ビジネスパーソン向けに伝えています。株式会社エクセル教育研究所代表取締役
パナソニックに20年勤務した後、独立。

職歴

  • 株式会社ラーニングプロセス /視覚会議シニアトレーナー/シニアコンサルタント

    2010/1 在職中

  • 株式会社エクセル教育研究所 /社長

    2007/4 在職中

  • 松下電器産業株式会社 /参事

    1986/4 2007/2