新規事業のPMF(プロダクト・マーケット・フィット)の実務についてお話できます

  • 新規事業/R&D
  • 業務支援
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    CEOとして参画したベンチャー企業が、動画をプログラムで制御するという要素技術を持っていたが、案件化の確率が読めなかったり、継続案件にならなかったりと、安定した売上が立たない状態であった。そこから、クライアント企業のニーズ調査、顧客課題仮説の立案と検証、プロダクト仮説の立案と検証、UIUXデザイン、プロダクト開発、初期案件発掘といったPMFの流れを一通り経験。

    実績や成果

    現在、PMFを達成したソリューションで、大手金融機関相手に複数の案件が進行中。また、大手ベンダーともパートナーシップを結んだ。顧客への費用対効果やビジネスモデルが明確になっており、売上拡大・マーケティングのフェーズに移行することができ、安定黒字化が目前の状況。さらに、同じソリューションを横展開にする計画も具体的になっており、スケールが具体化しつつある。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

    書籍を5冊程度読み、PMFの基本理論を学んだ後は、とにかく実践した。ユーザーインタビューの実施、バリュープロポジションの策定と検証、ベータ版の開発とテストなど。理論だけではなんの成果も生まれないが、実践だけでも無駄な試行錯誤が増えてしまい、時間とお金を無駄にしてしまうため、理論と実践のバランスが重要だと思います。また、広がりのある顧客課題に対してのソリューションでないと、のちのちスケール性の限界にぶつかってしまうため、スケーラビリティを意識しながらのプロダクト開発を行うことが重要だと思います。

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

    ユーザー調査を経験した結果、金融業界、特に保険の領域では相応の知見が溜まっている。

    お役にたてそうと思うご相談分野

    起業や、会社で新規事業の構築を検討されている方の相談に乗れると思います。

    地域

    東京

    役割

    CEOとして、営業からプロダクト開発までほぼ全ての分野

    規模

    自社の社員数は一桁ですが、クライアントやパートナー企業は上場している大手企業がほとんどです。

    期間
    2017年 〜 現在
    関連する職歴
    • livepass株式会社 代表取締役CEO

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    livepass株式会社 / 代表取締役CEO

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    外資系投資銀行の市場部門で13年。クオンツ、商品開発、営業推進、投資戦略等のポジションを歴任。特に、スプレッドシートやプログラミングを活用した、金融商品・デリバティブの評価モデルや、マクロ経済分析モデルの構築などが得意です。クロスカレンシースワップや金利オプションの分析については当時業界でも第一人者だったと思います。日経ヴェリタスに短期連載の経験あり。米国CFA協会証券アナリストを名乗れる状態ですが、現在は特に必用ないため資格は休眠中。

    現在は、いったんマーケットからは離れ、B2C情報伝達のデジタルシフトに貢献するITサービスを提供するベンチャー企業のCEOをしております。CEOとして参画した当時は要素技術しかなかったところから、顧客ニーズの分析・プロダクト開発を行い、PMF(プロダクト・マーケット・フィット)を達成し、売上拡大のフェーズに入りました。また、資金調達や大手企業とのパートナーシップも経験しています。

    職歴

    • livepass株式会社 /代表取締役CEO

      2017/2 在職中

    • JPモルガン証券 /エグゼクティブディレクター

      2011/5 2016/4

    • ドイツ証券 /ヴァイス・プレジデント

      2004/4 2011/2

    他の経験