”現場”が第一、製造業のDX/コストダウン/組織最適化コンサルタント

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    「素晴らしいものはどこにでもある。ただ上手く繋がっていないだけ」
    これまでに多くのお客様のご支援をさせて頂きましたが、改善のためのヒントやエレメント(要素)はどの企業様にも充分にありました。
    ただ、外の人が見ないと分かりにくいところに隠れているだけ。
    それを見つけ出し、一緒に組み合わせることでウソのように課題は解決していきます。

    具体的な経験の内容

    金融機関勤務の後、設備メーカーにて製造業ソリューションを主とした新規事業の立ち上げを行い、のべ1000社の課題解決支援に携わった後、IT企業にてコンサルタントとして製造・業務コストダウンやデジタル化の支援を行っている。
    ・工場ランニングコスト削減(空調、歩留まりロス低減)
    ・デジタルシフト支援(各種ツールの選定と導入支援)
    ・営業/人事戦略策定や新規事業開発支援

    実績や成果

    ①食品製造企業:工場設備改善により年間製造ロスの15%改善、数千万規模の製造原価改善
    ②ツール導入による運用管理オペレーションの改善、および一部業務自動化で労務費10%削減
    ③新規事業立ち上げの策定支援およびソフトウェア開発支援

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

    ①製造ラインの温湿度管理を安定、システム化するにあたり現場運用の詳細把握。
     現場へのヒアリングを重ね、実態把握と根本課題の抽出に努めました。
     結果として、想定どおりの効果を得ることができ、また初期投資も3年で回収できました。
    ②工場の倉庫管理業務が複数セクションの基幹システムをまたいでおり、システム実態の把握と現場作業把握
     現場視察と作業担当者への複数回のヒアリングで実際の運用を把握し、また改善後のシステムのオーバースペックを防ぐため現場”作業”との整合性保持に努めました。
     基幹システムとは別に倉庫管理ツールを個別選定、またAI/OCRも導入した結果管理労務費を10%削減しました。
    ③業務支援をする中で新事業立ち上げのご相談も頂き、現状の課題把握と戦略策定の対応。
     主業でのポジショニングや、事業固有の文化を理解したうえで新事業でのバリューを最大化するためにターゲットの業界選定やアプローチ戦略も一緒になって考えました。
     営業組織運営課題(CRM/SFA)やマーケティング業務改善も同時に行い、結果として2期目から黒字転換し、事業はまだ拡大しています。

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

    ・製造業への知見が強みです。特に食品業界に長く携わっていました。
    ・海外事業にも携わっていたため、海外製造拠点との折衝も経験があります。

    お役にたてそうと思うご相談分野

    ・中小企業からベンチャーまで、コンサルタントの費用負担が厳しいお客様のお役に立てれば幸いです。

    役割

    新規事業開発、営業戦略策定、チームマネジメント、採用/組織マネジメント(小規模)

    期間
    2004年 〜 現在