広告クリエイティブにおける企画から制作業務全般についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 広告代理店

キャリア30年。TVCMや新聞広告などのいわゆるマス広告から店頭周りの販売促進、Webメディア等々手がけてきました。デザインの学校を出て、コピーライターに。じぶんで言うのもナンですが、クオリティに関してはどこの会社でも評価されてきました。そして仕事の規模が大きくなるにつれ、マーケティングの基礎知識や、それに基づいた戦略企画を立て、企画書をまとめられることなども必要になり、実践と平行して学んできました。手がけてきたジャンルも、不動産からはじまり、出版、マスコミ、流通、機械、銀行、保険、建設、飲料、食料、酒類…と多岐にわたります。



■ 謝礼金額の根拠はなんですか?
キャリア1年分を5,000円として30年(超)なので15,000円からとしました。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
1985年からコピーライター、1990年ごろからプランナーも兼務、2002年に大手カラオケメーカーのクリエイティブコンサル(大手商社からの依頼)、2005年ごろからクリエイティブ・ディレクターも行い、現在に至る。



■ どちらでご経験されましたか?
株式会社テーケーオー(広告企画制作プロダクション)
株式会社メリーベアーズ(広告企画制作プロダクション)
株式会社ウルトラデザイン/ウルトラデジタル(広告/コンテンツ企画制作プロダクション)
株式会社ウルトラ(広告/コンテンツ企画制作プロダクション・TYOグループ)
有限会社ライズデザイン(広告企画制作プロダクション)



■ その時どのような立場や役割でしたか?
一貫して企画制作の現場での実務。クリエイティブ・ディレクター職としては提案内容の決定権限も。



■ 一番誇りに思う成果はなんでしたか?
クリエイティブだけでなくマーケティングも含めて長期間かけてイチからブランディングを手がけ、大幅な認知率向上と利用意向の拡大につなげたこと。また、その実績で、姉妹ブランドの担当も依頼されたこと。



■ 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?
クライアントのビジネス成果より自己表現を求める(自分も含めた)クリエイターの説得と調整。



■ 関連する論文やブログ等があればURLを教えてください
自社サイト doonika.com
※デザインも含めゼロからすべて自分で制作。現在リニューアル準備中。
Facebookページ
https://www.facebook.com/doonika.inc/



■ どんな人にアドバイスを提供したいですか?
ロゴや名刺のデザインからはじめ、「ビジネスはコミュニケーションが大事」と気づき始めている。また、現在依頼している広告会社やクリエイターになんだか違和感がある。じぶんの会社がカッコ悪い、好かれるようにしたい…と素直に悩んでいる。そんな決裁権限のある方。謙虚な方。



■ この分野は今後どうなると思いますか?
IT化の流れは加速し、コミュニケーションの方法も秒進分歩で変わっていきます。また、少子化の流れを受け、どんな企業や団体もマーケットを海外を意識しないわけにはいかなくなります。出て行かないまでもインバウンドという意味では同様です。この流れにどう取り組むか。ビジュアルコミュニケーションからコミュニケーションの構造まで、決裁権限のある方が本気で謙虚に取り組んでいくことが大切になるだろうと思います。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

株式会社ドーニカ / 代表取締役


コピーライターとして30年。あらゆる大手企業の広告制作に取り組んできました。プランナー、クリエイティブ・ディレクターとしても仕事をしてきました。酸いも甘いも…いや、甘いはほとんどありませんでしたが…いろんな局面を体験してきました。TVCMから新聞・雑誌広告、カタログやパンフレット、イベント、販売促進、Webなどなど、メディアも全方位。それら複数のモジュールを組み立てて立体的なキャンペーンづくりなども手がけました。 デザイン学校を出ていて、デザインが好きでもあるので、自社ロゴやWebサイトなども自分でつくりました。器用貧乏かも…と自分でも思います。 ありとあらゆる業種を担当してきましたが、そのぶん「この業種がすごく得意」というのもありません。なのでテクニカルなライティング作業は向いてないかもしれません。 ここ数年は地域活性化に興味があり、「地の理7覚」という理屈を編み出したり、地元のフリーマガジンを主催したりしています。 協働しているパートナーも、デザイナー、Webクリエイター、カメラマン、CMプロデューサー/ディレクター、漫画家、アニメプロデューサーなど、長くやっているだけ多彩な顔ぶれがいます。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る