デジタルカメラ業界におけるデジタルカメラに絡む技術、設計、主要部品の必要仕様、性能評価、品質管理、製造、関連市場の状況についてお話できます。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 45,000

経験内容

  • 製造業

20数年にわたりデジタルカメラ開発に従事してきた。必要ニーズの発掘、基本技術の開発、システム開発、製品化(コスト、製造方法など)検討、製品設計指導、製品評価・品質管理検討など。その他将来市場・技術動向なども探った。デジタルカメラの新規応用の検討もした。この中には車載用、医療用カメラなども含まれる。



医療関連でも20年近い経歴を持ち、直近3年余り高齢者向け見守り装置、医療機器を開発していたべンチャー企業で海外向け市場開発を担当。



■ どちらでご経験されましたか?
(株)イデアクエスト アドバイザー



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2014年5月 〜 2017年2月



■ その時どのような立場や役割でしたか?
1971年~1980年:(株)島津製作所-技師
1981年~1985年:Advanced Technology Labs(米)-技師
1985年~2001年:Eastman Kodak Co (日、米)-部長
2002年~2007年:Samsung Techwin Co. Ltd (韓)ー常務、開発センター長
2007年~2013年:(株)ニコン-開発本部長補佐
2013年~現在:Image Engineering gmbh (独)-技術顧問
2014年~2017年:イデアクエスト-アドバイザー



■ 一番誇りに思う成果はなんでしたか?
グローバル規模で技術・製品開発をしてきた
米国特許13件、日本特許15件、EU特許1件取得
40数年画像機器の開発をしてきた



■ この分野は今後どうなると思いますか?
高齢者向けの装置は今後加速的に伸びていく。



■ 謝礼金額の根拠はなんですか?
価値のある情報を提供するために準備に時間がかかる。他に5~6社に対してコンサルとしてきたがいずれも300ドル前後。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
国内外の高齢者向け見守り装置、医療機器市場動向分析、海外向け前述した機器の差別化要素を訴求。海外向け各種文書(ホームページ、パンフレット、マニュアル、仕様書、薬事関連など)の作成。

氏名:非公開

職歴:非公開


1990年初期よりコダックにおいてデジタルカメラの研究開発、設計、製品化に取り組んできた。一般及びセミプロ用機種をはじめとして本格的プロ用の機器まで開発、製品化した。製品化にはODMの選定、管理なども含まれている。サムスン時代には、開発センターを立ち上げ、世界に伍するグループにした。開発製品の他に、将来技術、製品化戦略などの助言もした(ニコン時代が中心)。 現在ではデジタルカメラ技術の延長であるスマートフォン用、車載用、医療用、監視用カメラの独Image Engineering社のテスト装置の技術的助言をしている。同社は2017年5月に日本でTrioptics Japan社と 総代理店契約を結び私もそこに移籍した。 イデアクエストでは数千本の赤外線ビームを使い認知症患者などの安全を監視する装置の海外販売のアドバイズをした。 その他、コダックにおいて高速度スキャナー、写真用プリンターの開発、製品化も行った。 島津製作所、Advanced Technology Labs(限Philips)においては超音波診断装置の研究開発を行った。島津製作所では核医学画像処理装置の開発、製品化を行った。

プロフィール詳細を見る

  • 経験を登録する