自動車の軽量化開発・量産化を支援します。博士号目線での先進開発も可能。

  • 自動車部品(ボディー・内装)
  • 研究開発

経験内容

具体的な経験の内容

インパネ・バンパー等の工法開発、材料開発
燃料タンクやバックドアなどの樹脂化・軽量化開発
開発工法・部品の量産化手配と生産ライン立ち上げ

実績や成果

複数の部品・車種で実用化されてます。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

開発期間、到達レベル(品質とコスト)の定量的な見える化管理が重要です。
いつでも誰でもわかるという共有化手法で対応しました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

樹脂部品や材料のトレンド、軽量化の方向性、OEMやサプライヤの動向や関連などの知見

関連する論文やブログ等があればURL

関連する論文や特許が公開されています。
関連する学会での理事・企画委員・編集委員なども歴任しました。

お役にたてそうと思うご相談分野

OEM・サプライヤにおける、類似技術開発の支援
新技術開発における原理原則視点での支援(博士号保有)
先進開発においては大学等との委託・共同研究等のアレンジ
業界の調査とレポート

地域

東海地区

役割

研究開発担当~プロジェクトマネージャー

規模

東海地区

期間
1990年 〜 2007年頃
関連する職歴
  • グルーバル自動車メーカ A社 プロジェクトマネージャー

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

埼玉工業大学 / 客員教授

プロフィール詳細を見る


自己紹介

世界屈指の日系グローバル自動車の本社にて約25年間、部品・工法・材料開発に従事しました。調達在籍時には、この会社独自の生産方式に基づいての大手・中小仕入れ先へのモノづくり現場改善活動も担当しました。その後、Samsung 韓国本社でのエンプラ樹脂材料開発とマーケティング、別の日系大手自動車メーカーの研究所でのCFRPの材料・CAE開発等も経験してます。
樹脂系を専門とし、博士号も有しており、論文・海外学術発表・特許等の実績も多数あります。
樹脂系に限らずに、不良対策や生産性向上といったモノづくり現場のコンサルから、CAE等によるデジタル開発のマネジメント、自動車の軽量化のための調査・開発プロジェクトマネジメント・OEMへのセールスサポート等の経験もあります。
現地現物というこの日系グローバル自動車独自手法での事実を見極める力、Samsung流の圧倒的なスピードといった実務経験の上、多岐のコンサル経験もあり、即戦力としてお役に立てます。
なお、当然ながら、所属していた各社の非公開情報・技術や営業の機密情報はアドバイスの対象外です。

職歴

  • 埼玉工業大学 /客員教授

    2017/10 在職中

  • 技術コンサルティング会社 /プロジェクトマネージャー

    2015/11 2017/10

  • Samsung(第一毛織、Samsung SDI) /部長

    2012/11 2015/10

  • グルーバル自動車メーカ A社 /プロジェクトマネージャー

    1989/10 2012/10

他の経験