エンジニア中途採用における面接コスト削減・面接体制の最適化についてお話できます

  • 採用/新卒/中途/インターン

経験内容

ベンチャー企業に業務委託で採用支援を行っています。その経験から、単なるふるい落とすためのフィルター的な採用から、採用の理想とされる社員が一緒に働きたい人を発見しようという面接体制になった流れなどをお話しできます。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2015年6月から半年間携わっています。

どちらでご経験されましたか?

アドテクのベンチャー企業

その時どのような立場や役割でしたか?

業務委託という社外の立場として面接に関わっていた社員の面接コストを最適化するためにお手伝いしました。最初は面接時間の短縮、採用条件の現場ヒアリング、面接官とのコーチングを経て、面接への意識変化と、その企業にマッチングした運用可能な面接フローを確立しました。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

いきなり理想となるやり方を提示するのではなく、途中は時には改悪になることもありながら段階を経て、現状においての最適な方法に社員の意識が動いていったのが結果として私が抜けた後にも定着するという成功をもらたしたと思います。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

エンジニア企業研修コンサルタント・ファシリテーター(フリーランス)

プロフィール詳細を見る


自己紹介

■ファシリテーターとしての自分

1973年生まれ。新人研修後の最初の仕事が事務所閉鎖という変わった社会人スタートの経験を持つ。

ホームページ作成運営会社のスタートからプログラマ、SE、SIerを経て、大手パッケージの自治体向け文書管理システムに10年携わった。ユーザーとの仕様決めからカスタマイズ、納品、稼働後の運用を担当しましたが、その間に会社がプロジェクトから離れたりした場合にも転職することでユーザーに迷惑をかけないようにした。その中で会社の創業期メンバーとして事業立ち上げを行なったり、倒産を経験したりもした。

流される状況の中で、仕事にしても成長にしても人は働く環境・所属する組織に影響され過ぎると考え、社外の勉強会に足を運ぶようになる。

とあるイベントでワールド・カフェを体験しファシリテーターという存在を知り、以降、社外勉強会でのダイアログを中心にファシリテーターを実践しながら学び、いろいろなコミュニティ、イベントでファシリテーターを依頼されるようになる。

ファシリテーター、セッションデザインの能力を活かし、現在、株式会社gumiで社内向けの研修デザイン・ファシリテーター・コーチングを担当。
社外では複数のコミュニティでファシリテーターとして活動し、イベントのふりかえりセッションや、他企業の未来会議、引きこもりに関するフューチャーセッションなどにも協力している。

・『翔泳社未来会議』
 http://enterprisezine.jp/bizgene/detail/5516
・『ひきこもりフューチャーセッション「庵 -IORI-」』
 http://diamond.jp/articles/-/49019

「企業のために働く」から「企業とともに働く」を目指している。

■ストレングスファインダー
・戦略性
・個別化
・成長促進
・適応性
・着想

職歴

  • エンジニア企業研修コンサルタント・ファシリテーター(フリーランス)

    2015/5 在職中

  • 株式会社gumi /TS&D技術教育チーム・研修デザイナー兼講師・ダイアログファシリテーター

    2012/8 2015/4

他の経験