HR ビジネスパートナー

  • 製薬(一般用医薬品)
  • 人事

経験内容

具体的な経験の内容

人事領領域(タレントマネジメント、組織開発)全般。

実績や成果

1)2006年工場閉鎖に伴う150人のリストラを訴訟ゼロで完遂
2)2007年コーチングによる組織風土改革の実績により、米国本社副社長賞
3)2012年年間MR採用100人達成で日本法人社長賞

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

徹底した論理的思考+EQの発揮で課題解決

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

製薬、機械、自動車、卸売、通信、NGO、欧州子会社立上げ・運営といった経験に基づき、いずれの業界でも
最適人事の解を模索します。

関連する論文やブログ等があればURL

自著「エンプロイアビリティー」(2018年風詠社)発行

お役にたてそうと思うご相談分野

どうすれば経営ビジョンを達成できるのかを、人事領域全般の施策を駆使しながら考え、実行します。

地域

東京

役割

経営者の人事参謀

規模

1200~5000人

期間
2005年 〜 2014年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

日本法人社員数3,000人以上の会社での人事Director経験あります。現在は日本法人70人(全世界76,000人)の人事部長です。現在の会社は営業職の給与体系について歩合部分が高いこと(成果が出ないと低い固定給に甘んじる)、自宅を拠点にする直行直帰型なので労務管理が困難なこと(営業職の自律意識が弱いと怠けてしまう)がリスク要因となっています。退職時のインタビューもしていますが、決定的な解決策になっていません。そこで、ある施策を徹底的に運用することにしました。
これ以降は、もしご縁があれば、その手法・実施方法などについて意見交換させていただければと思います。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験