インスタントスープの開発からマーケティングまで話ができます

  • 食品(レトルト食品)
  • 研究開発

経験内容

具体的な経験の内容

乾燥スープ類の研究開発

実績や成果

じっくりコトコト煮込んだスープの開発

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

199年当時、研究課長時代にインスタントスープの企画開発を行っていた。その年、営業部課長から毎年赤字のスープ事業を止めたいと相談があった。当時は40億円くらいの売り上げがあったが、主力得意先のイトーヨーカ堂から全品不採用になったことが理由であった。事業存続の危機にあたり、直接商談を申し込み、イトーヨーカ堂に研究課長として訪問、単刀直入に不採用の理由を聞いた。福井バイヤーは、箱スープで2社は必要ない、クノールだけで良い、後は袋物のスープ(リケン)などで品揃えしたかったと、本音を伺った。その時のスープ製品は200円程度、袋物は150円で程度であった。「ポッカがダメわけではないのですね?」とさらに聞くと「品揃えの変更です」という答えであった。そこで、私は、新技術を使った試作品のスープを見せ、「このスープ飲んでいただけますか?」とお聞きし、じっさいに飲んでいただいた。その返事は「こんなおいしいスープは飲んだことがない」という。私は「製造コストもあり、高くなりますが、ご採用いただけますか。」とお聞きすると「はい」と返事をいただいた。
帰社して、谷田社長に報告、「やらせてください!!」と懇願、「わかった社運をかけよう」ということで出したスープが今の主力ブランドである「じっくりコトコト煮込んだスープ」です。現在はその後に、出したカップスープも大ヒットし、100億円の事業となっています。
私自身は研究開発から、その後業務用事業立ち上げの後、食品事業副代表を経て、飲料事業の代表となるきっかけとなりました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

どんな商品も売場から発想しないと売れないという経験をしました。代表となった後もこまめに得意先を回り、新製品提案を行いました。業務用事業部では業務用レモン製品を中心にゼロから柱事業へ立ち上げました。セブンイレブンのPBスープの開発も、このようなきっかけで何のコネもないのに、受注することができました。

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

全社員経営を指導しています。商品企画は誰にでもできます。自社リソースを最大限生かせるのは社員です。社員の心をひとつにし、商品開発を行う。それが私の理想です。

地域

名古屋市

役割

研究開発責任者として

規模

研究開発の担当は20名程度、営業&マーケティングまで含めると約100名

期間
1999年 〜 2005年頃
関連する職歴
  • 株式会社ポッカコーポレーション 取締役常務執行役員飲料事業カンパニープレジデント
  • POKKA SAPPORO FOOD & BEVERAGE 執行役員 品質保証部長
  • 株式会社ポッカコーポレーション 執行役員食品カンパニーバイスプレジデント

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

合同会社感動設計 / 代表社員

プロフィール詳細を見る


自己紹介

I had researched and developed food. After graduated from the university, I joined Pokka Corporation. The product development in all fields was done under the founder's guidance, and some new categories were made. It is soup, lemon, coffee, and a delicatessen, etc.I feel the importance of making having from nothing. And, I have a peculiar opinion of the relation etc. between the brand and the quality.
ポッカコーポレーション時代には、缶コーヒー、インスタントスープ、外食事業、惣菜会社などの関連会社向けの技術開発と商品開発を行い、製法特許を10件取得しました。研究所出身の役員として商品開発、基礎技術と事業への応用などの功績を認められて、食品カンパニーや飲料事業部長など事業部長として、コンビニエンスストアなどのトップ営業の経験があります。
会社合併後はおいしさの科学などの基礎研究や、品質保証部部長としてFSSC22000導入の経験もあります。こうした技術者としてのキャリアもあり、これらの経験を活かし食品カンパニー、飲料事業カンパニーなどの研究生産現場の分かる事業部長として、主にコンビニエンスストアなどとの共同開発などを行いました。自販機事業部の統括もしましたので、自販機事業についても知見があります。
事業部を退任後は地域貢献活動として名古屋戦略部を立ち上げるなど、CSR活動の経験をいたしました。退社後はこれらの経験を活かし、合同会社感動設計を立ち上げました。これまでのコンサルティングのクライアントは、種苗会社、香料会社、製菓会社等の経営および技術指導(開発、設計、製造、品質保証)特に、品質管理体制の強化指導を行いました。
現在は、理念経営協会に所属し、さらにいろいろな分野の経営指導をチームで行っています。分野は多岐になりますが、基本は理念経営に基づいた、ブレない経営を指導しています。
なお三重大学、東海学園での非常勤講師もライフワークとして取り組んでいます。

職歴

  • 合同会社感動設計 /代表社員

    2014/9 在職中

  • 株式会社ポッカコーポレーション /取締役常務執行役員飲料事業カンパニープレジデント

    2014/4 2015/12

  • POKKA SAPPORO FOOD & BEVERAGE /執行役員 品質保証部長

    2013/1 2014/5

  • 株式会社ポッカコーポレーション /執行役員食品カンパニーバイスプレジデント

    1999/4 2014/3

他の経験