Building Information Modelingにおける業務移行までのプロセス改善についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 設計/監理

現在建築業界では2次元設計から3次元設計への移行の時期にきており、Building Information Modelingという設計スキームが主流になりつつあります。
2003年に米国で提唱されたこの手法は、2005年に日本でも知られるようになってから、大手ゼネコン・組織設計事務所等は既にBIMを導入し効率的な設計業務に改善することにより業績を上げてきております。
しかしながら、元請となる大手建設会社ではBIMは主流になっているにも関わらず、協力会社となる中小規模の会社では未だ検討段階にあるという、建築業界に蔓延している「横に習え」主義によって大手の業務が外部に流れない状態になっています。
大手建設会社はBIMをより一層進めより効率的なプロジェクト業務を行いたいにも関わらず、協力会社となる中小企業がBIMに移行できないことから外部に仕事を流せない状態となり、現在大手企業は「BIMの出来る会社を探せ」がキーワードになっています。
そんななか、先見の目のある会社様は既にBIMを積極的に導入し、案件の受注を続々と行っていますが、それでも多くの企業がいまだに国内建設業界特有の「横に習え」主義で現状から抜け出せずにいます。
このような企業様に対して、「BIMとは」「何故BIMがいいのか」「どうすればBIMにスムーズに移行できるのか」を判りやすくご説明させていただきます。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

オートデスク株式会社 / BIMスペシャリスト


プロフィール詳細を見る