加工食品における消費者苦情対応の手法についてお話出来ます。

  • 食品卸(総合)
  • 品質管理

経験内容

大手CVSチェーン、外資系食品メーカー、一部上場食品メーカー子会社にてお客様相談室担当及び監督者、また品質管理担当として消費者苦情の受付、工場での調査及び改善、お詫び状作成、消費者訪問、クロージング、苦情状況のモニタリングまで一貫して経験がございます。
お客様相談室の立ち上げ、実務運営、クレーマー対応、公的機関(保健所、警察)との連動、お詫び状作成、清掃工場での調査、改善などでお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

お役にたてそうと思うご相談分野

お客様相談室の苦情受付方法、電話応対、メール対応
お客様相談室のFQA、Q&A作成及びトレーニング
お客様相談室の苦情モニタリング方法
製造工場での調査、改善手法
営業部、関連部門との連動
消費者へのお詫び状作成、訪問、電話等にによる最終対応の手法

地域

日本

役割

お客様相談窓口オペレーター、監督者、苦情調査担当

規模

50名~200名程度の企業2社にて経験

期間
2008年 〜 2015年頃

自己紹介

日系及び外資系の小売り、食品企業でBtoC(消費者向け)、BtoB(業務用)の加工食品、添加物を対象に品質保証、品質管理、法規確認業務などに約11年携わっている現役です。
具体的には大手コンビニエンスストア本部、国内食品メーカー(消費者向け)、外資系食品メーカー(消費者向け及び業務用)、そして外資系食品原料、添加物メーカーにて品質保証、品質管理の実務、マネジメントを経験しております。
以下の業務に関わる知識、経験、業務上の不都合、問題点、今後の動向についてお話する事が出来ると思います。どうぞお気軽にお問合せください。
①大手小売りチェーン本部での品質保証、品質管理業務
・プライベートブランド製品の一括表示点検
・新規取引サプライヤー工場監査、既存取引先定期工場点検
・取引先品質管理会議の
・サプライヤー規格書の内容精査と社内での管理
②日系食品メーカーでの品質管理、お客様相談室業務
・製造委託工場の管理、定期訪問(日本全国、韓国、中国)
・プライベートプランド製品の自社製品規格書確認と管理
・取引先向け規格書作成と管理
・消費者、GMS、CVS本部向けの苦情対応、苦情調査、再発防止策立案、報告書作成、営業同行
・製品輸入のおける税関、検疫対応、及び指定原料輸出における乙仲業者との対応
・原料サプライヤー、検査機関の選定、商談、価格、品質交渉
③外資系(米国)食品メーカーでの品質保証業務
・消費者、GMS、CVS本部向けの苦情対応、苦情調査、再発防止策立案、報告書作成、営業同行
・海外サプライヤーとのコミュニケーション(アジア太平洋、米国)
・倉庫監査、および倉庫における品質検品対応
・新製品開発のリスク評価、製造立ち合い、開発チームとの連動
・原料サプライヤー、検査機関の選定、商談、価格、品質交渉
④外資系(米国)食品添加物メーカーでの品質保証業務
・苦情対応
食品メーカー向け苦情報告書作成、海外工場と連動した調査、対策立案、営業同行
・製品輸入時における規格検査対応、税関、検疫への対応、書類作成
・海外工場への顧客アテンド(米国、アジア各国)
・海外ビジター来日時に対応(会議主催、倉庫監査、国内製造委託工場監査の対応、通訳)

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験