製造業での経営企画業務経験を活かして、業務可視化の上、ガバナンス強化・コンプライアンス強化へ向けた方法をお話できます。

  • 化学(火薬)
  • 経営企画/経営管理

経験内容

具体的な経験の内容

 営業現場における業務フローをヒアリングを通じて理解し、可視化した上で阻害業務を排除した改善施策を立案したこと。

実績や成果

 業務フロー及び社内ルールの改訂提案、内部統制ルールの明文化、各種経済法等(下請法、業務委託、輸出管理、J-Sox法)の勉強会における講師役

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 課題:現行ルールを変更することに対する現場担当者における負荷増大
 解決策:ヒアリングや会議を通じて自らがとりまとめ役を続けていくことでの現場からの信頼を獲得したこと

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

 内部統制文書作成ソフト「iGrafx」の知識、各種監査(ガバナンス)における観点の知識

関連する論文やブログ等があればURL

 特になし

お役にたてそうと思うご相談分野

 製造業界の経営企画に関する業務全般

地域

関係会社の営業力強化プロジェクトマネジメント/東京

役割

事業企画の立場から営業力強化プロジェクトのとりまとめ役となり、業務可視化から改善策立案まで一連の役割を担った。

規模

関係会社の現場担当者計100名程度と面談・会議を通じて連携した。

期間
1999年 〜 現在

自己紹介

1999年大学卒業後に某大手総合化学メーカーに入社。以来、個人向け営業・法人向け営業・工場スタッフ・経営企画といった様々なセクションにおける職務を経験。
入社後、茨城県に配属され個人向け住宅営業を開始。4年目で突然スランプに陥ったが展示場での接客内容を顧客目線で徹底的に見直し、お客様に飽きさせない接客トークと姿勢を磨くことで徐々に回復し克服。折衝力やクロージング力などのコミュニケーション能力を身につけた。
2005年経営企画部門に配属され事業部のコンプライアンス・法令遵守といったガバナンス体制の維持管理に従事。ガバナンス体制の維持管理に必要な各種法令関連(下請法・輸出管理法令・内部統制)の知識を体系的に学び、社内外の様々な監査の対応の役割を経験することで経営ガバナンスの視点や観点を習得した。
と同時に関係子会社の業務処理統制状況を見直し、業務フロー・各種規程類の見える化から、改善フロー・規程類改訂までの改善活動をプロジェクト体制で進め、さらにそれまで数年間続いていた赤字体質の営業力の強化を目的とした業務改善や企業風土の改革にまでこの活動を深化させた。結果、赤字体質から黒字体質への変革につなげた。プロジェクト体制でのコンサルティングの視点やノウハウを習得。
2013年、大分県にある工場に配属。売上高激減の厳しい事業環境のもと体質強化策の実行部隊として工場人員削減、原材料購買強化(余剰抑制~廃棄費用削減)といったコストダウン施策に本格的に取り組んだ。業務フロー改善活動の経験やノウハウを駆使して工場全体の阻害業務を見える化し業務マニュアルを体系的に整備。と同時に阻害業務の排除・外注化、組織の再編等の様々な体質強化策を立案し、自らが旗振り役となって人事・組合・お客様などの関係各所との調整を進めることでこれらの人員適正化の施策を着実に遂行した。結果、3年間で合計50名の人員削減・約3億円の固定費削減を達成し全社のコストダウンPJ表彰を受賞した。製造現場での実践的なコンサルティングノウハウやプロジェクトマネジャーとしてのファシリテーション力を着実に身につけた。
現在はこの知見を体系化した独自のコンサルティングマニュアルを武器に、様々な会社における次世代の経営企画の人材の育成・輩出を支援するビジネスコンサルタントとして、「やり抜く」・「共鳴」を行動指針に掲げながら大勢の方々とフェイスtoフェイスで活動に取り組んでいる。

職歴

開示前(決済前には開示されます)