ファミコン時代からゲーム業界にかかわってきた経験、実績

  • ゲーム(ソフト)
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

ゲームメディアの立場から長年にわたり、ゲームメーカー、クリエイター、PR・広報、経営者たちを取材したり、やりとりをしてきた経験があります。また、さまざまなゲームメーカーや開発会社に赴き、制作中もしくは企画中の段階から取材をしたり、場合によってはアドバイスをしてきました。また、ゲームが社会的にもまだあまり認められる前から、マスメディアや広く世の中に認知してもらうための努力をしてきたし、また、海外も含めさまざまな場所、スタジオや、イベントにも取材に行き、広くゲームを見てきたという自負はあります。最近では、2018年は4回中国に行き、中国のゲームやエンタメについても知見を広げてきました。いちユーザーとしては、学生時代から現在に至るまで、ゲームファンであり、ゲームについては、雑誌や本に限らず、マンガ、グッズ、番組などの企画にも関わってきました。なので、いろいろとご相談に乗れると思いますし、最悪の場合は自分自身があまり詳しくなくても、誰に聞けばよいかは教えられると思います。

地域

東京

役割

ゲームメディア

規模

スタッフ80名~200名/ゲーム業界全体、さまざまなゲーム会社との関係

期間
1990年 〜 現在
関連する職歴
  • (株)アスキー 副編集長
  • (株)エンターブレイン 編集長
  • 角川グループホールディングス 編集長
  • (株)Walker47 編集長、編集本部副本部長
  • ハナペン合同会社 代表
  • ACG Network Japan 取締役
  • (株)Gzブレイン マネージャー
  • カドカワ株式会社 マネージャー/編集長
  • 日本ゲーム文化振興財団 助成選考委員

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

ハナペン合同会社 / 代表

プロフィール詳細を見る


自己紹介

ゲーム雑誌「ファミコン通信」(のち、ファミ通)にて編集、ライティング業務を経て、デスク、副編集長、編集長(月刊誌、週刊誌、単行本等)を経験。またファミ通グループ主筆、CCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)を経たのち、角川グループ合併に伴い、Walker47という地域情報&エンタメ情報を扱うスマートフォンメディアの立ち上げに関わる。その後KADOKAWAとドワンゴの経営統合に伴い、ニコニコ系サービスの開発、ニコニコチャンネルの運営に携わり、Web配信番組を制作。その後、eSports関連事業の立ち上げ、コラボカフェの立ち上げを担当したのち、独立。現在ハナペン合同会社代表として、スポーツ新聞での連載、Webメディアのコンサル、ゲームの解説・評論、ネットメディアやイベントへの出演、インディ系クリエイターの支援、中国企業と日本企業とのマッチング、など幅広く活動中。また、ブロックチェーン技術を使った新規サービスを開発中のACG Network Japanではゲーム部門の役員を担当。また、日本ゲーム文化振興財団で育成選考委員も務めている。
(補足)二児の父で子供たちともゲームをしたり、ゲームの話をします。また、休日は、少年野球のコーチか、バンドでの演奏をしています。読書、音楽鑑賞も趣味です。ドライブや旅行も大好きです。

職歴

  • ハナペン合同会社 /代表

    2018/6 在職中

  • 日本ゲーム文化振興財団 /助成選考委員

    2018/1 在職中

  • ACG Network Japan /取締役

    2018/6 2018/11

  • (株)Gzブレイン /マネージャー

    2017/7 2018/6

  • カドカワ株式会社 /マネージャー/編集長

    2015/2 2017/7

  • (株)Walker47 /編集長、編集本部副本部長

    2014/4 2015/1

  • 角川グループホールディングス /編集長

    2013/3 2014/3

  • (株)エンターブレイン /編集長

    2000/4 2013/9

  • (株)アスキー /副編集長

    1990/7 2000/3

他の経験