医師として東日本大地震の災害医療の経験をもとにお話できます

  • 医療情報サービス
  • 医療専門職

経験内容

具体的な経験の内容

東日本大地震の津波被災地の災害拠点病院の医師として、災害発生時から現在まで直接携わってきました。災害急性期の救急医療や災害対策本部の運営、避難所支援、介護福祉関係の支援、外部支援者のマネジメント、災害モードから通常モードへのシフト、現在に至るまでの医療支援について経験しています。

実績や成果

ライフラインが止まった状態で災害対策本部を立ち上げて、診療を中断する事なく、地域のライフラインが復旧するまで全ての救急患者を受け入れてきました。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

情報と物資の枯渇が緊急課題となり、あらゆる手段を活用して外部支援を募り、最小限のランニングコストで極寒の時期の医療活動を継続しました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

災害時に求められるヒト、モノ、情報、システムの知見が集積されました。

お役にたてそうと思うご相談分野

災害医療、災害対策

役割

現場経験およびマネジメント経験

規模

災害拠点病院

期間
2011年 〜 現在

自己紹介

急性期総合病院で臨床医および管理職として携わっています。救急医療、災害医療、総合診療、家庭医療、医学教育、組織管理、地域医療、医療コミュニケーションなどについて、お話しすることが可能です。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験