認知症・介護等をテーマとしたイベント企画・講師派遣、ならびに各種印刷物の編集・デザインのお手伝いができます。

  • 医療/ヘルスケア
  • 専門職
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    認知症・介護・看護・医療分野の編集者として27年間活躍するとともに、NPO法人の理事長として認知症の啓発活動・イベント開催などに取り組んできました。

    実績や成果

    認知症・介護・看護・医療をテーマとした書籍を100点以上編集・出版してきました。また、認知症等にまつわるイベントを頻繁に企画したり、講師派遣を行ってきました。

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

    認知症・介護業界に27年間身を置いているため、知見・人脈を豊富に有しています。

    関連する論文やブログ等があればURL

    http://dementia-stadium.jimdofree.com(認知症スタジアム)

    お役にたてそうと思うご相談分野

    認知症・介護等をテーマとしたイベント企画・研修会開催・講師派遣、ならびに各種印刷物の編集・デザインのお手伝いができます。

    地域

    東京都新宿区

    役割

    認知症の啓発活動/イベント企画/編集/デザイン

    規模

    ウェブサイト「認知症スタジアム」の運営

    期間
    1992年 〜 2011年頃
    関連する職歴
    • NPO法人認知症ラボ 理事長
    • 株式会社harunosora 代表取締役/編集長
    • 株式会社メディカ出版 ディレクター
    • 中央法規出版株式会社

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    NPO法人認知症ラボ / 理事長

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    1967 年生まれ。中央法規出版にて 17 年間、メディカ出版にて 2 年間、認知症や介護、福祉、看護、医療、老 年心理学等の分野の編集者として活躍。2011 年に、出版社・株式会社 harunosora を自ら設立し、現在、代表取締役兼編集長を務める。 これまでに手がけた主な作品には、『大逆転の痴呆ケア』(和田行男著)、『認知症の知りたいこ とガイドブック』(長谷川和夫著)、『満月の夜、母を施設に置いて』(藤川幸之助著)、『あなた が認知症になったから。あなたが認知症にならなかったら。』(越智須美子著)、『認知症の人た ちの小さくて大きなひと言』(永田久美子監)等がある。 ここ数年は、レビー小体型認知症研究会事務局長として、レビー小体型認知症の支援活動・啓 発活動に力を注いだ。2012 年 5 月には『第二の認知症――増えるレビー小体型認知症の今』(共 著、紀伊國屋書店)を執筆。また、2012 年より、認知症の啓発のためのウェブサイト「認知症スタジアム」の編集長(NPO法人認知症ラボ理事長)として、 認知症にまつわる動画・知識・情報を発信している。 各地で認知症に関するさまざまな講演・研修も担っている。 他に、日本老年行動科学会常任理事、認知症の人のターミナル医療・ケア研究会世話人、ハー ト・リング運動理事等。

    職歴

    • NPO法人認知症ラボ /理事長

      2012/1 在職中

    • 株式会社harunosora /代表取締役/編集長

      2011/10 在職中

    • 株式会社メディカ出版 /ディレクター

      2009/7 2011/1

    • 中央法規出版株式会社

      1992/4 2009/6