エンタープライズ系情報システムの導入から運用まで

  • 医療情報サービス
  • エンジニア

経験内容

国立大学において,大規模情報システム(利用者数千人以上,システム調達金額5千万~40億程度)の導入に係る要件定義,仕様策定,導入プロジェクトリーダを数多く経験しています.基本的にはパッケージシステムの導入ですが,カスタマイズ案件や要件定義に基づく新規システムの開発案件も数多く手がけています.エンジニアとして活動していましたが,業務の傍ら大学院に進学し,情報科学を専攻しながら主にネットワークシステムに関する研究に取り組んできました.2017年に博士号を取得した後,今までの経験を活かしながら研究者として活動するために浜松医科大学から東京大学に転職し,現在は教員として活動しています.
主要な研究業績としては以下の通りです.
https://ci.nii.ac.jp/naid/170000149282
https://ieeexplore.ieee.org/document/8254758
https://ieeexplore.ieee.org/document/8330073
https://ci.nii.ac.jp/naid/40019824808
研究に関しては,上記の通りエンタープライズ系のネットワークシステムに関する知見が豊富です.一方上流アプリケーション分野では,プログラミング(C, C++, VB, Python)やデータベース(Oracle, MySQL, MS-Access)を用いた業務用ソフトウェアの要件定義,開発,実装まで幅広く対応することができます.また,ネットワーク機器(CISCO, ALAXALA,Juniper, Allied, NEC)主にL3スイッチやファイヤウォール等の各種設定が可能です.サーバやPCに関しては,Windows, Linuxの運用オペレーティング経験が豊富なことに加え,ハードウェアに関する知見も備えていますので,例えばサーバのディスクアレイ装置でのRAID構築から,PCのハードディスクやメモリ増設作業等は容易です.総じて,エンタープライズ系の情報システム構築に必要となる知見を網羅的に有していますので,これらのコンサルティングはもとより,実機実装や各種設定に至るまでの作業が可能です.

地域

静岡県,千葉県

役割

技術サイド

期間
1985年 〜 現在
関連する職歴
  • 東京大学大学院新領域創生科学研究科 特任助教
  • 浜松医科大学 係長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

東京大学大学院新領域創生科学研究科 / 特任助教

プロフィール詳細を見る


自己紹介

国立大学法人浜松医科大学で医療情報トータルシステム,キャンパス情報システム,事務用電子計算機システム等,学内で利用されている各種情報システムの運用・保守および開発案件に30年以上携わってきました.約10年前に,情報システムやネットワークシステムの知見を深めるために,大学院に入学しました.修士課程から博士課程に進学し,2017年に博士号の学位を取得するに至りました.現在は東京大学の柏キャンパスにおいて,大学院新領域創成科学研究科の情報システム管理者として従事するとともに,ネットワークシステムに関する研究者として活動しています.業務や現場にフィードバックできる研究テーマを中心にしています.

職歴

  • 東京大学大学院新領域創生科学研究科 /特任助教

    2018/6 在職中

  • 浜松医科大学 /係長

    1985/2 2018/5