食品、添加物、化粧品の日本への輸入方法、法律でお話ができます。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 総合商社
  • 海外営業/海外進出

具体的な経験の内容

直接現地へ行って買い付け、日本の法律を調べ、厚生省、税関の駆け引きをする
添加物全般を調べる
化粧品の薬事法、広告のチェック

実績や成果

化粧品は珍しい国から、死海の塩を使用したブランドを立ち上げた
食品はマンゴージュース、ライスペーパー、春巻きの皮などを新製品として流通させている

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

特に東南アジアは、生産者がわからず使用している添加物を、理解させることに成功
Haccepを東南アジアに説明して、クレーム解決に臨んだ

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

食品、化粧品の流通は、スーパー、メーカーとも知り合いがいるので強い

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

食品の日本への輸入、ベトナムへの輸出、化粧品の薬事チェック、輸入方法

地域

東南アジア全般、イタリア、ジャマイカ、アメリカ、ギリシャ、オセアニア

役割

バイヤー、輸出入

規模

グループで200人以上

期間
1993年 〜 2010年頃

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


18年間食品のバイヤーをやっておりまして、買い付けに行った国は東南アジアを中心にイタリア、アメリカ、中南米、オセアニアの人間と交流し、問題を解決してまいりました。各国の特色をつかみ、戦略を変えて指導してまいりました。 また、7年間添加物に携わっておりますので、日本の食品衛生法に通じており、厚生省、消費者庁などの交渉は得意です。添加物関連ということで、化粧品の総括担当も現役で行っております。 若いころはキャノンで、製造部門におりましたので、工場の流れ、Haccep、衛生観念などは、体に身に染みて取得しております。女性で、当時の3S活動(今でいう6S)の初Inc.での優勝者と、社史に乗っております。 海外から食品、化粧品を輸入したいが、何が必要なのかわからない、検討している品物が日本のマーケット、法律に合うかどうかわからないという方、百戦錬磨の私に任せてください。また、通関で厚生省とトラブルになった、なども可能な限りの解決策を提案できます。最後にベトナムなどは知り合いがいますので、よい値段の品物を提供できます。ぜひ、気軽にお問い合わせください。