保有技術を元にした新商品およびサービスの企画立案

  • 自動車部品(車載機器・電装品)
  • エンジニア

経験内容

具体的な経験の内容

保有技術を元に新商品の企画と営業活動を行い、複数の製品化開発をスタートさせました。

課題

保有技術の持つ潜在的な価値はブレインストーミングやハッカソン等の一般的な手法では多くのケースで新規事業のアイデア発掘する事はできません。いかに技術を本質的に掘り下げ、その先にある顧客価値に辿り着けるかが肝となります。

お役にたてそうと思うご相談分野

新規事業及び新製品の企画立案

地域

埼玉県

役割

世界初製品プロジェクトリーダー

規模

単独2万人以上

期間
2003年 〜 現在

自己紹介

在職中の企業で約15年、機構系エンジニアとして、世界初の製品も含め多数の製品の上市経験を保有。昨今は新商品の企画から参画し、製品開発における企画~製品立ち上げまで一気通貫で業務を行える事が強みです。また本業の開発業務と並行して会社の構造改革プロジェクトにも参画し、新成長戦略の策定を経営陣へ提言するなど、開発業務の枠を超えた幅広い活動への経験と実績を保有しています。

※担当製品一例
https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/products/nd_hud1/
※共著
https://www.amazon.co.jp/出る杭を育てる時代-横田宏信-ebook/dp/B01J0DHSD4

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験