IPOの経験から、内部統制の重要性と抑えるべきポイントをお話できます。

  • エネルギー(電力)
  • エンジニア

経験内容

具体的な経験の内容

JASDAQへのIPOに際して、監査法人との調整や社内の規程整備、内部統制に耐えうるためのシステム構築などを経験してきました。

実績や成果

IPOを果たし、JASDAQへ上場

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

当時、J-Sox法などが整備されたばかりで、監査法人でさえ、手探りでした。
見失わずに一貫したのは、課題の本質から目を逸らさず、課題一つ一つに真摯に向き合い、解決していったことです。

お役にたてそうと思うご相談分野

企業のシステムコンサルとしてはお役に立てると思います。また、内部統制等をご検討されている企業の内部監査の仕組みなどの見直しもお役に立てます。

規模

当時の社員数は200名ほどでした。

地域

東京、横浜近郊

役割

IPOは担当エンジニアとして

期間
2007年 〜 2012年頃

自己紹介

私は社内SEとして、プロジェクトを進めたり、自ら開発、構築に携わったりしてきました。その中でIPOという未知の経験をしました。
IPOの目的を果たしたあとに、私は社内SEを退職し、より技術的な知識、スキルを身につけました。現在は、SIerのとして、様々なプロジェクトに参画させて頂いています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)