健康保険組合による社員・家族対象の健康教室・健康イベントについて話せます

アドバイザー

氏名:開示前


■お話しできること➢
近年、社員よりも扶養家族の医療費が高額になっている一方で、扶養家族は保健指導の受診率も低く、社員以上に成人病対策を立てていかねばなりません。この課題感にあたって、扶養家族対象の健康教室企画を新規に企画。予防医療の意識向上を図るための施策を実行しました。健康教室のターゲットをどこに設定するか、そのターゲットを集客するためにどのような仕掛けを設定するか、限られたスタッフで当日をどう乗り切るか、課題を細分化し一つずつクリアしていきました。

■ 具体的な経験の内容
 2017年4月~2020年3月まで、グループ内の健康保険組合において、常務理事・事務長職に従事しました。また、2020年4月~現在まで、グループ内の人事福利厚生系のアウトソーシング事業の受託会社で取締役をしております。 

■ そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか
 
■ 効果
 短期的な効果を狙うのではなく、中長期で医療費コスト増に歯止めをかける意識付けを実現しました。

■その他
地域: 東京
役割: 健康保険組合 常務理事・事務長兼務として、管理全般
規模: スタッフは10名。加入被保険者(扶養家族込み)は、20,000名超。

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

2017年4月~都心鉄道会社健康保険組合(加入13,000人)常務理事として、3年間、特定保健指導の普及、各種健診機関の選定、健診・レセプトデータ活用検討、2019年6月に健康経営銘柄取得の委員会設立、健保組合のコスト削減に注力。Zoom等でのオンライン面談随時対応いたします。お気軽にお声がけください。健康経営アドバイザー2021年3月取得。➢➢

➢健保のトピック
【健保の予算策定ルール】新たな事業に予算はどこまで割けるか。
【健保の意思決定・決裁ルール】理事会、組合会など、どうやって健保は物事を決めるのか。
【保健事業の主な外注実績】がん検診、人間ドック、その他法定外検診の外注化。
【健康経営】健康経営銘柄取得を目指し2019年に健康経営推進委員会を立ち上げ、委員として委員会に参加。
【予防医療施策】「女性社員向け健康教室」、「扶養家族向け健康教室」を企画・実施。
【データヘルス】3か年のデータヘルス計画作成、承認、提出。
【個人情報保護】平成15年・個人情報保護法及び平成29年・健保組合向けガイダンス遵守の観点で、レセプトデータ管理状況の委託先監査を1年サイクルで実施。
【扶養認定】扶養認定基準の見直しと作成・運用を2019年度に実施。
【傷病手当金】傷病手当金を受給する社員の妥当性検証。
【整骨院】整骨院を頻回受診する社員への対策。
【保養所】地方の保養所の土地、建物の処分を2018年、2019年に実施。

➢人事・採用担当(障害者採用)のトピック
【採用面接】障害者採用を大規模会場採用と個別採用の両方実施。
【受入環境整備】障害者の就業環境に配慮した本社移転。
【採用チーム】障害者採用のための特別採用班組成及び実施。

➢給食事業のトピック
●社員向けの「食」の企画、提供。
●HACCP導入前の実施事項、導入後の課題感。2020年6月~2021年6月までの猶予期間の動きも含めて。


職歴

職歴:開示前


このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック