食品/トイレタリーにおける法人/B2C営業の経験について話せます

  • 食品(菓子)
  • 法人営業

経験内容

大手外資系消費財メーカーで19年営業とマーケティングの管理職を歴任後、複数の外資系消費財メーカーで代表取締役、営業部長などを歴任しました。消費財のマーケティング戦略立案や営業戦略支援を得意分野としておりますが、幅広いサポートができると思います。カテゴリーとしては、日用品/家庭用品/食品をメインとしますが消費財全般をカバーできると思います。
チャンネルとしては、GMS/SM/CVS/ホームセンター/ドラッグストア/Amazon/コストコなどに精通しています。
細かく貢献できる分野は以下です。
サプライチェーン、営業組織改善、トレードマーケティング、カテゴリーマネージメント、キーアカウントマネージメント、新規得意先開拓、新規チャネル開拓(アマゾン、コストコ)、販売予測手法、店頭POPの開発、SKUの絞り込み、プロモーション手法の開発、店頭マーチャンダイジング、ラウンダーのマネージメント、ディストリビューター/パートナーのマネージメント、ビジネスモデルの構築、SKU絞り込み、プロモーション効果測定、販促金管理/削減、価格戦略立案、取引制度、商談ツール開発、利益改善。
まずはお問合せください。よろしくお願いします。

地域

日本全国

役割

代表取締役/営業部長など

規模

50-100

期間
1989年 〜 現在

自己紹介

■外資系消費財メーカーのセールス&マーケティングで25年以上の経験があります。
■サプライチェーンにもある程度の知見がありますので、全体のオペレーションへのご提案ができます
■小売業に対する理解が深く、GMS/ SM/CVS/ドラッグストア,/ホームセンターホールセールクラブ/e-commerceが主な販売チャネルです
■店頭MDのマネージメントも多くの経験があります。ラウンダーや店頭POPのマネージメントも得意分野です。
■取引制度の変更や、契約書の精査などの経験もあります
■コスト削減への経験も豊富で、売り上げ増だけではなく、利益や生産性の改善にも貢献できると思います
■TVCMを大量投下してマーケティングで販売する商品から、最小限の店頭MDでしっかりと売れる仕組みを作る手法も経験しています
■外資と日本企業それぞれの良いところを理解していますので、ご要望に応じてのアドバイスができると思います

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験