国内外の食品卸(総合)における事業開発の経験について話せます。

  • 食品卸(総合)
  • 事業開発

経験内容

≪経験≫
国内では地方と都市部でのチーム育成、マーケティングレベルを均一に垂直展開
海外では拠点の有効な立ち上げ方(現地法令、通関も含め必要な手続きなど)
フレッシュな食品から加工食品などの輸出入
≪実績≫
国内では全国に拠点や販売レベルの進出をした。
海外では10ヵ国以上で同様の経験を積んだ。
食品の輸出入において深い知見と幅広い視点ができた。
≪業界≫
食品加工、食品工場立ち上げと運営、農業(特に施設栽培、果樹栽培に知見あり)、食品貿易

地域

旭川、会津、関東、関西、岡山、熊本、鹿児島、シンガポール、香港、台湾、ラオス、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、ウラジオストク

役割

事業開発/拠点立ち上げ/物流網構築/栽培知識/海外法制度の把握

規模

パート社員を含めると140名、全国の大手スーパーなどに納品

期間
2010年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 株式会社ダイアスポラ 代表取締役会長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社ダイアスポラ / 代表取締役会長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
宮崎県在住の49歳・男性です。

 現在はコンサルタントとして業界・市場の情報収集・分析をはじめ、クライアント様の仮説、やりたいこと、アイデア・思いを再構成し、企画・戦略・戦術をご提供しながら、事業が軌道に乗るまで帆走させていただいており、デスクトップだけでは終わらない内容に多くのご評価を頂戴しています。

- コンサルタント事業 -
事業戦略、経営戦略、起業支援・資金調達・資本政策のコンサルティングと新商品開発ならびに代理店・販売ネットワークの開拓・構築、投資事業

【Phase1】 大学卒業後、アメリカの音楽業界で野外フェス開催などのイベント・プロモーション事業を経験し、90年代後半から、新規事業プロジェクト統括責任者として、日本にシネマコンプレックス導入を牽引(国内トップシェア獲得)。
・上記キャリアから、主に以下の3つのスキルを獲得しました。
1.許認可基準と設備投資の算定からシネマコンプレックス開発
2.Fast Food/CVSと戦略的提携(併設店)による早期投資回収可能なビジネスモデルの構築・実行に従事
3.事業部コントローラとして予算策定・統制・管理業務を担当
【Phase2】 2002年より家業の酒屋を引き継ぎ、オーナーとしてFCコンビニエンスストア運営に切り替えた経営と並行して、酒造業界最大手のメーカーで営業とマーケティングに従事。
・上記キャリアから、酒類業界における熾烈なポジショニング競争の経験を踏まえ、ロジカルな事業戦略構築が、専門分野の一つと考えています。
【Phase3】 ワインメーカーとの合併によって世界中のワイナリーを訪問して、ワイナリー経営の興味をもち、独立して農業生産法人を設立し、様々な事業を開発。2016年に事業売却
・上記キャリアから、ファイナンス理論ベースの新規投融資の評価(DCF/NPV/IRR)や管理会計・財務会計の再構築、上場企業の成長戦略室において海外事業部と経営企画室室長を歴任。そして、M&Aや新規事業開発、Structured/Project Financeなど、幅広く携わってきました。
【Phase4】上場企業を中心に中期経営計画/ビジョン再構築/連結会計/グループ経営等、経営者の側近として従事。

職歴

  • 株式会社ダイアスポラ /代表取締役会長

    2010/10 在職中

  • WASHハウス株式会社

    2018/1 2019/10

  • キリンビールホールディングス株式会社

    2006/8 2010/9

  • 東芝EMI株式会社

    1993/7 2003/3

他の経験