小売・飲食店における車椅子利用のバリア解消のノウハウについてお話できます。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 小売(GMS)
  • 人事

具体的な経験の内容

総合スーパー「イオンリテール㈱」にて仕事の効率化・チームビルディングに挑み、従業員の働きやすい職場風土を目指し、お客さまへのサービスレベルを向上させた結果、店舗のお客さま満足度調査 全国1位獲得に貢献。仕事の傍ら、2005年から車椅子利用者向けの情報ブログを作り、1000件以上のバリアフリースポットを調査。2016年には念願だった日本1周を果たす。その後、同社を退職。2017年8月に「バリアフリースタイル」を起業し、車椅子でも利用できる環境を創っていくための活動を開始。長年のバリアフリー調査の実績と店舗における従業員満足・お客さま満足に取り組んだ経験を活かしながら、飲食業・サービス業などの「バリア解消」請負人として、超高齢化社会における増え続けている車椅子利用のお客さまへのバリアフリー対応(設備だけではなく従業員によるお客さまへのサービスレベルを上げる)のアドバイスをしております。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

現職においては、トイレ改修をする中で多目的トイレの標準スペースに満たしていない場合、備品等の工夫を入れて現地視察を何度もして車椅子利用者でも使えるようになりました。前職においては、単にお客さま満足を考えるだけでなく、従業員の満足を考えた上でのチームビルディングを導入して、進めることで課題を解決することができました。

業界の推移

バリアフリーについては、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催や超高齢化社会への対応が必須になってきておりますが、公共交通機関や大型商業施設などバリアフリー法に影響する施設への対応はできているものの、民間の飲食店をはじめ宿泊業界などでは、導入が進んでいないのが実態です。しかしバリアフリー化を導入することで、他社との差別化になり、売上・集客の手段として取り入れてみることをおすすめします。

関連する論文やブログ等があればURL

バリアフリースタイルHP http://baria-free.jp
東洋経済オンライン(2018年4月1日記事) https://toyokeizai.net/articles/-/214085
フジサンケイビジネスアイ(2018年4月25日記事) https://www.sankeibiz.jp/business/news/180425/bsl1804250500001-n1.htm

お役にたてそうと思うご相談分野

車椅子利用のお客さまを今後考えた店舗づくりのアドバイス
車椅子利用におけるバリアフリー全般についてのアドバイス
障害者雇用における実体験(車椅子利用)を含めたアドバイス

地域

茨城県

役割

人事・総務・経費・教育・クレーム対応

規模

店舗において300名前後

期間
1995年 〜 2016年頃
関連する職歴
  • バリアフリースタイル 代表
  • イオンリテール株式会社 人事総務課長

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

バリアフリースタイル / 代表


バリアフリープランナー バリアフリースタイル代表 車椅子でも利用できる環境を増やすために、 小売店・飲食店・宿泊施設等の商業施設への アドバイスならびに従業員教育・研修を展開。 1995年イオンリテール㈱入社。 24歳のときにスクーターでもらい事故に遭い、 医師から一生車椅子生活の宣告を受ける。 必死のリハビリ生活を経て職場復帰し、 38歳のときに、会社始まって以来の 「車椅子の人事総務課長」として就任し活躍。 従業員の働きやすい職場環境へと改善し、 お客さまへのサービスレベルを大幅に向上。 顧客満足度で全国1位の店舗として表彰される。 仕事の傍ら、全国47都道府県にある 1000件以上のバリアフリースポットを調査し、 車椅子利用者向けの情報ブログを発信。 ブログでの発信を重ねているうちに、 車椅子を利用されている方の笑顔を もっと増やしたいという想いが強くなり、 同社を退職し「バリアフリースタイル」を設立。 「健常者の目」「車椅子ユーザーの目」 そして「企業のお客さま対応責任者の目」という 3つの目線を持ってバリアフリー活動を展開中。 自称『アクティブな饒舌モチベーター』 ・全国47都道府県を全県訪問。 ・「NHKのど自慢」に出場。予選を勝ち抜く。 ・俳優として映画「私の人生なのに」出演。 ・ライターとして東洋経済オンラインに寄稿。 1972年千葉県生まれ。

プロフィール詳細を見る