5.経営メンバーとして社員約1400名の組織変革、人事戦略・機能の開発・改善を実施・統括(ビジネス拡大と収益力強化の為)

謝礼金額の目安(1時間あたり) 30,000

経験内容

  • 金融(クレジット・信販)
  • 人事

経験内容:
> 経営メンバーとして、ビジネスの拡大と収益力強化をサポートするため、会社全体(日本と韓国で約1400名の人員)と各部門の組織変革・人事戦略、人事機能の開発・改善・実施を統括・担当。
ーーー
主な実績:
1) NYグループ本社・日本支社、また外部団体から主に以下の賞を受賞:
✓ 2012年 日本支社プラチナ・アワード(働きがいのある会社づくり)
✓ 2012年 働きがいのある会社調査10位(日本国内の約230社が参加)
✓ 2012年 NY本社最優秀貢献者賞(世界で30名に授与)
✓ 2013年 NY本社最優秀貢献者賞(世界で30名に授与)
✓ 2013年 NY本社会長賞(世界で最も貢献度の高い3名に授与)
✓ 2013年 働きがいのある会社調査 6位(日本国内の約250社が参加)
✓ 2014年 NY本社グローバル人事最優秀功労賞
   (世界で最も貢献度が高く、勇気ある改革を実現した1名に授与)
✓ 2014年 日本支社プラチナ・アワード(健康管理室の設立において)
✓ 2014年 働きがいのある会社調査 3位(日本国内の約270社が参加)
✓ 2015年 働きがいのある会社調査 3位(日本国内の約300社が参加)

2) ある案件において、日本支社における12ヶ月間の全社的調査を適切に行い、会社のビジネスとブランドへの法的リスクやダメージを最小限に収めた。NY本社のグローバル・マネージメント・チーム、グローバル労務管理・内部調査チーム、日本の関連当局等と連携し、困難な局面において適切な判断と処置を行い、事態を収拾。その後、日本支社の組織再建・風土改革戦略、ビジネス手法の改善・再発防止策を立案・実施。前例のない困難な状況を打開し、日本の組織、ブランドとビジネスを再建したことで、NY本社より「グローバル人事最優秀功労賞」(世界で最も貢献度が高く、勇気ある変革を実現した1名に与えられる賞)を授与された。

3) 日本支社の組織・人材・課題の詳細なデータを分析・活用・共有することで、本社やアジア地域の各部門のジェネラル・マネージャーや人事パートナーに対し、日本の組織やビジネスをより効果的に統括・運営・グローバル化できるようにサポートを実施。さらに、日本の人事部門の組織構成・職務内容・役割分担を改善、社外から優秀な人材を登用・採用し、本社のグローバル人事部門の組織との連携・統一を強化したことで、社内顧客が受ける人事サポートの量と質を大幅に改良した。具体的なデータに基づき明文化・数値化された行動目標、期限、達成度等を用いて、人事サービスを顧客サービスとして改善・定着させ、会社全体の戦略的人員配置、人材育成、採用アウトソーシング、労務管理、業務効率、組織・職位構成、給与・報酬制度、人事査定制度の改善をそのサービスの一環として提供した。

4) 多重構造になり長年複雑化していた給与・報酬制度と退職金制度が、人事部門の作業効率の低下、会社の優秀な人材の離職の原因の一つとなっていたため、他社の制度を研究・調査し、他社よりもシンプルで社員へのメリットも大きい魅力的な制度に再構成・改善した。その結果、人事部門の業務時間を33%削減し、空きポジションの募集から採用完了までにかかる時間を20%削減し、離職率も低減させた。

5) 本社独自の社員エンゲージメント調査において、3年連続で日本支社のエンゲージメント率を向上させた。また、日本市場の他社約300社以上が参加し、客観的に比較対照される「働きがいのある会社調査」において、エンゲージメント率のランキングを連続して向上(2012年は10位、2013年は6位、2014年と2015年は3位を獲得)させ、日本市場における「働きがいのある会社」として会社のブランド・イメージを強化・改善した。

6) 約30万ドルの予算を獲得し、日本のマネージメント・チームの賛同を得て、「健康管理室」を設立して、社員の健康や業務コストに大きな影響を与えていた残業時間のモニタリングと分析・削減、さらに社員の日常的な健康管理も行う拠点とした。その結果、12ヶ月間で大幅な残業の削減(コストで32%=144万ドル減、時間数で28%=4万6400時間減)を達成し、日本の社員全体の健康管理、社員エンゲージメント、残業時間と業務コスト削減への貢献が認められ、2014年に日本支社プラチナ・アワードを授与された。

規模

社員数 約1400名

期間
2012年 〜 2015年頃

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


▼ アルボーレ株式会社(組織変革・人事コンサルティング会社)代表取締役。組織変革・風土改革、働き方改革・テレワーク導入、残業削減、グローバル化支援、人事評価制度導入・改善、人事諸制度全般・人事機能改善を専門とするコンサルタント。外資・日系金融のグローバル企業(法人立ち上げを含む、社員数40名から3万名までの企業)で20年以上、人事業務・人事担当役員を務め、直近は外資系金融会社2社で人事担当取締役、常務取締役CHRO(チーフ・ヒューマン・リソース・オフィサー)。長年の人事経験を活かして広く社会に貢献したく、2018年に組織変革・人事コンサルティング会社を設立。様々な業界の中小・ベンチャー企業、大企業のお客様を支援しております。 ▼ 主なコンサルティング事例 外資系大手コンサルティング会社、ソフトウェア開発会社、スイッチング電源・ノイズフィルタ開発製造販売日系電機メーカー、大手自動車メーカー、製薬会社、証券・保険会社等において、人事諸制度・規則・福利厚生制度改善、人事評価制度・給与報酬制度改善、組織・風土改革、ERP 導入支援、PMI によるグローバル化、組織再編、人員整理、人材採用・育成手法の改善、テレワーク導入、残業削減、労務管理改善、研修制度設計、エグゼクティブ・コーチングなどのコンサルティング・支援を実施。 ▼ 人事の実務、労務問題、PMI等にも詳しく、英語・日本語に堪能で、30カ国以上の人々との折衝・業務経験があります。ご要望に応じて社外取締役・顧問に就任、またエグゼクティブ・コーチングや、人事部の監修・強化、人事部の人材育成支援、各種人材育成研修の講師・運営も行っております。 ▼ 計画性があり、社内・社外の顧客のニーズを的確にとらえた迅速なサポートやアドバイスを、人材管理・育成やビジネスに有効活用できるコンサルティング・サービスとして提供しております。効果的でプロフェッショナルなチームワークをもとに、「ここならば働く価値がある」と経営陣と社員が思える職場環境を作り上げることに貢献できれば幸いです。 ▼ ご相談頂ける内容 「組織変革・人事コンサルティング」(日本語/英語対応) ・組織変革・風土改革、働き方改革・テレワーク導入、人事評価制度導入・改善 ・グローバル化・PMI に関する組織強化/統合/再編 ・人事担当顧問として人事部監修・強化 ・人事戦略/業務プロセス/労務管理改善/残業削減 ・人事システム、ERP等の導入支援 ・就業規則/給与報酬/福利厚生制度設計 ・採用/育成/査定制度設計 ・エグゼクティブ・コーチング ・各種セミナー運営/研修運営 ・英⇄日 通訳/翻訳(専門分野は、IT、コンピューター、工学技術、経済、人事・経営、教育、心理学、言語学、通信、衛星中継、ロケーション・アレンジ、時事、報道、テレビ放送通訳・翻訳など)

このアドバイザーの他の経験