通信(固定電話)におけるマーケティングの経験について話せます

アドバイザー

氏名:開示前


日本全国の法人セグメントに対して携帯電話や固定電話のマーケティングプランと顧客の同行について経験しています。

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

経歴要約・得意分野(マーケティング経験は25ねんになります。)
・ 営業5年(B2C/B2B)、マーケティング17年(B2C/B2B)を経験、マーケティング予算は数百万円から数億円まで
・ マーケティング戦略の責任者(本部長、部長、社長室)として10年以上。
  ソフトバンク時代は、孫社長配下のコミュニケーション戦略室、宮内副社長とイベント講演などを実施

・ マーケティング(B2B/B2C)経験領域//オンライン/オフライン
①マスマーケティング(白戸家や本田圭佑を起用したTVCM、新聞、雑誌)
②ダイレクトマーケティング(検索連動型、成果報酬型広告や広告代理店のコントロール含む)
③インバウンドマーケティング(自然検索、ソーシャル、リードナーチャリング)
④プロダクトマーケティング(他社比較やBid/Win/Lost分析より仕様変更を提言)
➄アカウントベースドマーケティング(セグメント別、ダイレクト、パートナープロモーション)
⑥グローバルマーケティング(香港、シンガポールを中心にデジタル、イベントプロモーションを実施し、リードを獲得)
➆マーケティングオートメーション(メールマーケティングやLanding Pageで利用/Hubspot)
⑧ブランディング/メディア/PR/AR(メディアプロモーションとアナリストリレーションの強化)
➈イベントマーケティング(プランニング/エクセキューション/講演/ファネル推移/PDCA)
➉各ベンダー/広告代理店マネジメント
⑪各種サーベイ(顧客満足度/ブランド認知度)
⑫予算管理とレポーティング(PDCA)
⑬イベントでの役員の講演資料作成
⑭営業チームとの目標設定とプランの合意

・ イベント・セミナーの年間プラン(プランニングとエクセキューションともに、アウトソースとオウンリソースでの経験あり)。イベント計画→ステークホルダーからの承認→講演資料作成→クリエィティブ作成→実施計画書の作成→説明会開催→オンサイト準備→ラン・スルー→本番→速報/レポーティング→トラッキング→PDCAのプロセスを実施

・ イベント・セミナーでの講演経験あり(数十人規模から四百人規模まで)

・ ブランドマネジメントの経験あり。ブランドの立ち上げからその認知向上施策、ブランドリフト調査までを実施し、経営会議で説明。また、メディアコントロールやPR/ARとの関係も強化

・ 経営会議参加メンバーとして各目標(KGI/KPI)達成のため、全役員と12人の営業本部長(業界別)に対して販売戦略の策定からB2B/B2Cプロモーションのプランニング/エクセキューション/トラッキング/レポーティングを毎週実施

・ 法人向けHW/SWサービス(アナリティクス、セキュリティ、クラウドコンピューティング、ストレージ、ネットワーク、モバイル、データセンター、PHS、Google Apps)全般のリードジェネレーション/ナーチャリングの推進(MAツールの利用)

・ プロダクト開発と市場分析を実施後、自社サービスのポジショニングを決定。その後、営業本部長と営業戦略を策定後、営業戦略実施に必要なプロモーションの予算配分とその予想効果を決定
セグメント別ターゲットに対する解約阻止、クロスセル、アップセルなどOne-to-One Communicationの促進(CRMマーケティング)

・ ホームユーザ、中小企業、大手外資系企業(金融、サービス、流通、製造)への営業・経験


職歴

外資系通信事業者

  • マーケティング部 シニアマネージャー 2015/1 - 2018/12

日本アイ・ビー・エム

  • マーケティングコミュニケーション部長 2013/1 - 2014/12

ソフトバンク

  • マーケティング部 部長 2001/1 - 2013/3

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ

  • 首都圏営業本部 外資系企業担当 1996/4 - 2000/12

このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック