生産/R&Dについての経験をお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • R&D/研究開発

TOKICO(USA)INC. 再建                                 (2005年2月~2007年6月)
 2005年2月 米国子会社 TOKICO(USA)INC.(従業員 約1000名)に出向
 工場長として、 企業再建に貢献し、大幅赤字の黒字化を達成した。
 生産品(自動車の足回り部品) ショックアブソーバ、ブレーキ、自動車用小型コンプレッサー
 会社売上NO1はFORD,ショックアブソーバーはFORDの60%以上のシェア
 2007年7月 帰任し、日立制作所を定年退職
 2007年8月 生産管理部 嘱託 (特任業務)
 2009年7月 日立オートモティブシステムズ株式会社(日立分社化) 転属
 2009年9月 日立オートモティブシステムズ株式会社 退職 
【取組と成果・評価】
 TOKICO(USA)INC.再建      (2005年2月~2007年6月)
【ミッション】
 1.顧客ラインストップのため、生産管理部門の再構築と会社再建
 2.安定した平準化生産の実現による収益改善
【具体的施策】
(要約)
 1.生産負荷の平準化のため、大量製品をバックラインで生産できるように、治工具を新設して、2ライン生産として、
  日曜休出をなくして、かつ、大幅な残業削減により、安定生産を実現した。
 2.生産負荷平準化のかんばん振出のルールを構築し、製品パターンによる順序生産に改善した。
 3.部品加工・組立後にストアを設置し、後補充生産を実施し、全体の生産リードタイムを1日に短縮した。
 4.異常の見える化を図り、タイムリーな不具合対策により、稼働率を大幅に向上した。
(詳細)
 1.ボトルネック工程のラインタクト短縮による出来高向上とライン集約化 (空いたラインをサービス品の専用ラインとし、
  遅延解消した)
 2.品質・設備トラブル解消
 3.工程の流れ改善・かんばんルール見直しによるトヨタ生産方式の再構築 
 4.製品在庫 3日による平準化数の生産指示とパターン生産化(平準化)
 5.生産計画の短サイクル化 (月次計画⇒週次日程計画)による精度向上
【成果】
 1.生産技術提案改善でコミュニケーションを図り、米人を巻き込み実行し、異常作業を解消したので信頼を勝ち取った。
 2.生産計画・管理の改善とトヨタ生産方式改善はスムーズに進んだ。
 3.新製品による増産と改善による安定生産で黒字化が図られた。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ