通信・IT業界におけるLGBT支援の制度や社内風土醸成の取組みについて話せます

  • 通信(携帯キャリア)
  • 人事

経験内容

1万人規模の会社でLGBT支援の取組みをおこなうためにPJを立ち上げ。リーダーとして社内関係者と連携しながら、各種制度や研修等の取組みを推進。また、社員中心の支援グループを立ち上げて社内文化の醸成に取り組む。様々な施策をおこなった結果、任意団体work with Prideの認定するPride指標のゴールドを受賞した。

期間
2016年 〜 現在

自己紹介

2002年11月~2008年6月まで国家公務員として東京社会保険事務局で勤務。社会保険事務所の窓口業務を経験後、人事担当として、東京社会保険事務局社員の採用、異動、発令、給与変更等に関する業務を担当。その後、2008年7月に人事・給与のシェアードサービス会社へ転職。人事制度に関するコンサルティングや提案営業を経験。2010年7月から1万人規模の企業の人事担当へ異動。HRビジネスパートナー部門で、評価、採用、労務案件、異動等の人事業務全般を担当し、組織の課題解決を行う。2016年5月から人事制度の企画部門へ異動し、2017年1月よりマネージャーへ昇格。働き方改革推進の主管としてコア無しフレックスタイム制度や在宅勤務制度、副業兼業の緩和などの施策を導入。また、LGBT支援の取組みを進め、任意団体Work With PrideのPride指標ゴールドを取得。

職歴

開示前(決済前には開示されます)