製造業における原価計算システム導入、管理会計制度の導入についてお話できます

  • 製造業
  • 経営/管理部門
  • 経験内容

    製造業における原価計算及び管理会計は利益を継続的に出し続けるために非常に重要なツールです。
    原価計算を行うことで自社に起きている問題点を分析することが可能になるからです。
    原価計算では、製品種類別の原価を計算する仕組みを構築しました。どんぶり勘定では何の問題点が見えない
    なかで種類別に原価を算出することで問題点を見つけることでき対策を打つことが可能となります。
    管理会計では、月次決算制度の導入および早期作成の実現等を実施してきました。月次ごとに収支を
    計算することで問題点に対する着手を早めることが可能となりますので必須のツールになります。

    どちらでご経験されましたか?

    100名規模の電気機械器具のメーカー

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    2005年から2015年までの10年間携わってきました。

    その時どのような立場や役割でしたか?

    入社当時は、実際に現場で作業をする立場で業務を遂行していた。
    10年の間に昇進を重ね、決裁権限を持つ立場においても導入の実績がある。

    得意な分野・領域はなんですか?

    経営・マネジメント(経営企画、経営分析)、財務・会計(財務会計、管理会計)、IT(システム立案、企画から導入支援)

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    長野中小企業診断士事務所 / 代表

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    自分を日々高めていくことを人生のテーマとしています。
    色々な資格を取得してきましたので一例を紹介します。
    ●中小企業診断士
    ●情報処理技術者(システムアーキテクト)
    ●日商簿記1級
    ●VBAエキスパート

    職歴

    • 長野中小企業診断士事務所 /代表

      2017/4 在職中

    • 岡山指月株式会社 /課長

      2005/4 在職中