企業における精神障害者の雇用、メンタルヘルス対策の構築についてお話できます

  • 業務支援

経験内容

2007年に4大福祉科を卒業、以後ソーシャルワーカーとして勤務。
2008年より精神科にて障害者雇用、就労支援への取り組みを開始。
2013年、特例子会社へ転職し障害者の採用活動から職場定着まで幅広く管理業務へ従事。
2015年、実績を活かす為病院にフィールドを戻し、精神科ERに勤務する傍ら2017年より精神保健福祉士事務所Ability Farmを事業申請。
同年より企業と業務委託契約を結び、社内メンタルヘルス並びに障害者雇用に関するコンサルティング業務を開始。

この分野は今後どうなると思いますか?

平成30年に法定雇用率が2.2%となり、その後段階的にさらに引き上げされていきます。
障害者雇用という概念がなくならない限り、企業における課題は顕在化し続けると考えています。
大手はスキームの構築がある程度出来ているため、採用市場にある戦力は売り手です。この採用市場の活発化は加速し続けると感じています。
私は個別案件に対し、採用スキームの提案を行うことからその後の定着までサポートさせて頂きます。

どちらでご経験されましたか?

【1】医療法人社団薫風会 山田病院(精神病院)急性期治療、リハビリ、地域の中で社会復帰支援。2008年〜2013年まで精神障害者への就労支援。【2】大和ライフプラス株式会社 大和ハウス工業グループの特例子会社にて、障害者採用から定着までの会社運営全般業務に携わる。【3】都内精神科にて勤務中【4】3に並行し精神保健福祉士事務所開設。東京ガス子会社にて、社内メンタルヘルス並びに障害者雇用に関するコンサルティング。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2007年より精神保健福祉士
2008年より障害者雇用を専門
2017年より障害者雇用、メンタルヘルスに関する個人事務所開業

その時どのような立場や役割でしたか?

現場にてプレイヤー。
採用活動、採用面接、助成金申請、社内環境調整、社員支援。 
個人事業主としては代表、大手企業と業務委託契約を結び管理者兼プレイヤー。

得意な分野・領域はなんですか?

精神障害者に対する支援。
その周りいる人に対する支援、コンサルティング。
ex)「これから障害者雇用をはじめたい」
  「どのように採用したらいいか」
  「メンタル不調者へどう接したらいいか」
  「リワークについて知りたい」
   などなど。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

精神保健福祉士事務所 Ability Farm / 代表

プロフィール詳細を見る


自己紹介

はじめまして。
坂本と申します。

私は10年にわたり精神科を中心に精神障害者、メンタル不調者と関わってきました。専門的は産業精神保健です。

人との関わり方、障害者雇用など私の知見を活かせればと考えております。
どうぞ、よろしくお願いします。

職歴

  • 精神保健福祉士事務所 Ability Farm /代表

    2017/2 在職中

  • 都内精神科病院 /精神科スーパー救急病棟

    2015/8 在職中

  • 大和ライフプラス株式会社 /統括課

    2013/4 2015/7

  • 医療法人社団薫風会山田病院 /診療部

    2007/4 2013/3