広告におけるコピーライティング手法についてお話しできます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 営業/マーケティング

以外に思われるかもしれませんが、コピーライターに必要なものは、「個性」と「思想性」です。
例えば男性化粧品のメインコピーとして「ぼくは、君じゃない。」と書いたとしましょう。
そこには、コピーライター自身の「詩的能力=個性」と、「人間とは何か」という思想性が必要になります。そこではじめて、没個性な時代に対して「個の自立」を謳い上げることができ、同時に、他者と違う魅力的な男の子になれるという「商品力」もアピールできます。
また長文のコピーライティングは、まずデザインが先行し、文字数があらかじめ限定されている場合が大半です。その限られた文字数の中で、しっかりと必要なこと、訴求すべきこと、魅力などを書かなければなりません。
そのとき必要なことは、豊富な語彙であり、柔軟な発想であり、提言力(言葉の力)です。
私は、これまでの豊富な経験から、その実務の方法、広告主に対する対し方、さまざまなことの学び方などを、お教えいたします。またコピーライティングの実務も行います。

どちらでご経験されましたか?

前職/株式会社ジャスのコピーライター・チーフコピーライター、アートディレクター
その後、ジャーナリスト、作家を経て、ワードライツの代表に

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1976年から現在

その時どのような立場や役割でしたか?

チーフコピーライター、アートディレクターのときは決定権を持ち、直接、大手企業の広告担当者や社長と商談してきました。また現ワードライツを立ち上げてからも同様で、あらゆる製造業、企業のコピー、デザイン、広告プランニング、新規事業の立案やネーミング、ビルのネーミングなどを行ってきました。

得意な分野・領域はなんですか?

コピーライティングとその手法

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

ワードライツ / 代表


勉強嫌いで、やっと入学できた工業高校も中退。しかし「中卒」という肩書で、大卒しか採用しなかった広告代理店のコピーライターになる。その後、ミュージカル劇団を創設し、さらに上京してチーフコピーライター、アートディレクターを経験。また音楽雑誌の取材・編集に携わる。その後、ジャーナリストとして月刊誌に執筆の場を広げ、さらにはノンフィクション作家としてデビュー。 現在、歴史評論、文明評論、舞台批評、書評、作詞、詩、童話など、多ジャンルに渡って著作物を発表している

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る