予備校、塾におけるWebマーケティングのポイントについてお話できます

アドバイザー

氏名:開示前


会社のWebマーケティングを担当しています。
以下のようなご相談にお役に立てると思います。
・業界/市場/顧客分析
・マーケティングプラン立案
・Webサイト構築立案
・Google広告(旧Google AdWords)、Yahoo!プロモーション広告の運用

■その他
いつごろ、何年くらいご経験されましたか?: 2008年6月 〜紙媒体のプロモーション(施策立案、効果的なチラシの作成)
2012年7月~リスティング広告のプロモーション、Webサイトの運営
2015年5月~プロモーションと社内オペレーションの連携
2015年12月~マーケティング全体施策
その時どのような立場や役割でしたか?: ITマネージャーとして、リスティング広告運用・Webサイト運用・社内ITシステム開発ディレクター・G Suite導入・研修など会社の包括的なIT戦略を立案する立場です。
一番誇りに思う成果はなんでしたか?: 会社として紙媒体のプロモーションがメインだった頃、リスティング広告の重要性を認識し、その仕組みについて独学で勉強しました。体系的な知識を身につけるためGoogle AdWords、Yahoo!プロモーション広告の上級認定資格を取りました。学んだ知識を活用し一から広告アカウントを構築したところ、コストを変えずにコンバージョンを8倍にすることができました。断片的な知識のみで運用するのではなく、体系的な学びの重要性を知りました。
一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?: リスティング広告の魅力は知ってはいたものの、具体的な導入・運用については未知分野だったためどこから手をつければよいか、またどうすれば会社として導入までもっていけるかについて悩みました。
結果としては、リスティング広告の仕組み(主にGoogle広告)について資格を取りながら勉強することで、費用対効果とそのロジックが体系的に分かりました。また実際の運用についてはエージェントと二人三脚で行うことで高い成果を出すことができました。
どんな人にアドバイスを提供したいですか?: リスティング広告の導入、運用改善で悩んでいる方
広告予算を取るのに悩んでいる方
この分野は今後どうなると思いますか?: インターネット広告は堅調な伸びをみせており技術革新も著しい分野で、まだまだ成長する分野です。
特に最近はAI・機械学習の利活用で自動最適化が進み、運用方法自体も変化しています。直接的な広告費だけでなく管理に携わる人件費も含め費用対効果が出しやすくなる分野です。
得意な分野・領域はなんですか?: リスティング広告領域。ビジネスモデル上の強みを活かし、マーケティング施策として本来あるべきサイトの目標から、具体的なKPI設定、解析ツールの使用ノウハウがお伝えできます。
Googleアナリティクス(Google Analytics)の解析方法
Google広告(旧Google AdWords)、Yahoo!プロモーション広告のアカウント構築、基本設定、効果的な改善のポイント
Googleタグマネージャーの使用方法
地域: 関東、関西、福岡
役割: Webマーケティング責任者として、SEO対策・リスティング広告運用を担当
規模: 従業員200名

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前


職歴

職歴:開示前


このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック